森下えみこの 私の敬語正しいと思っていたけれど。日常&マナー編

森下えみこの 私の敬語正しいと思っていたけれど。日常&マナー編

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

冠婚葬祭マナーはもちろん、きっぱり断りたいとき、イラッとしたとき、相手を上手にほめたいときなど、大人としての正しい敬語や、立ち居振る舞いを、大人気・森下えみこのコミックで学ぶ。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
電子版発売日
2015年11月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
31MB

森下えみこの 私の敬語正しいと思っていたけれど。日常&マナー編 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年10月06日

    テレビで芸能人が「演じさせていただく」
    アスリートが「プレーさせていただく」
    政治家が「出馬させていただく」
    と言うのに強い不快感を感じていた。
    でもこの本によると「させていただく」は、相手に許可を得る場合に限って使う表現なので、
    これらの言い方のように許可が必要ない時に使うと、過剰な敬語表現になっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年07月30日

    「"どうか"よろしくお願いします。」とか「入籍"させていただきました。"」等のモヤモヤが晴れました。
    誰かに懇願したり許可得なきゃない事ではない。
    対外的な会話なのにデキル人間ぶり
    身内に敬語を使って恥ずかしい人とか確認できて良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています