幾松という女

幾松という女

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「この人と一緒にいたい」京都随一の美妓・幾松が見初めたのは維新の志士・桂小五郎の颯爽たる姿だった。幕末の嵐を共に乗り越え、桂は新政府の参議・木戸孝允となり、幾松はその妻・松子となるが、結婚を境に二人の愛は姿を変える。国事に忙殺され次第に消耗する木戸。苛立ちと愛の渇きを、若い役者との「遊び」で紛らわす松子。――動乱期の女性の生きざまと、愛の軌跡を綴る。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2016年06月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

幾松という女 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    幾松さんについて調べようと思って読んでみました!
    桂さんの過去とか幾松のその後。
    桂さんの晩年とかはかなりシックな感じにまとめてあったと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    最初は読みやすかったのに、中間がすごく長く感じました。。。
    だって同じようなものの繰り返しだし。
    最後は何だかんだでハッピーエンドになるのかな、と思っていましたが現実(?)はそう甘くなかった;
    面白さというよりは、ためになる感じの小説です。南条先生の試みに万歳!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています