10 -ten- 俺たちのキックオフ 堂場瞬一スポーツ小説コレクション

10 -ten- 俺たちのキックオフ 堂場瞬一スポーツ小説コレクション

作者名 :
通常価格 610円 (555円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

理想のラグビーとは何か。頂点に挑む男たちの熱き闘い! 大学リーグ四連覇を目指す強豪・城陽大ラグビー部が初戦に大勝した夜、名監督の誉れ高い進藤元が急死。チームは、ヘッドコーチから昇格した七瀬龍司に引き継がれた。七瀬は城陽OBではなく、進藤監督の高校時代の教え子で、半年前にヘッドコーチに就任したばかりだったが、亡き監督が生前、七瀬を後継者にしたいという意向を伝えていたのだ。動揺する選手たちに対して七瀬は、従来の城陽の「型に縛られた」プレースタイルにとらわれず、選手の自主性を促し、相反する戦術を試みようとしていた。そのことに、亡き監督の息子でもあるキャプテンの進藤直哉は反発。OBも介入し、チーム内には不協和音が……。新たな戦術にこだわる七瀬の真意とは。そして、最後に栄冠をつかむのは誰か!?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
実業之日本社文庫
シリーズ
堂場瞬一スポーツ小説シリーズ
ページ数
432ページ
電子版発売日
2015年10月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

10 -ten- 俺たちのキックオフ 堂場瞬一スポーツ小説コレクション のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年12月21日

    今年はラクビー・ワールドカップで盛り上がった日本ラグビー。テレビでの観戦でも随分楽しませてもらいました。正直まだあまり細かいルールが理解しきれていないですが、この競技の激しさ、15人という他のチーム競技よりも大人数で戦うところ、巨大なマッチョもいれば、小柄で俊足なプレイヤーもいるというチーム編成の面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月27日

    面白かったです。
    スポーツ小説はやっぱり堂場瞬一ですね。
    刑事物より自分は好きです。
    ラグビーを知らなくても楽しめました。
    続きが読みたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月06日

    試合とは監督のものか?選手のものなのか?
    過去の成功体験に縛られ、変化を受け入れられない
    などなど、仕事に置き換えると、考えさせられることばかりで、スポーツ小説でありながらも、ビジネス書を読んでるような充実感があった。


    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月16日

    熱いラグビーの話。
    何となく、一昔前の明治を思い起こさせますね。前へ前へ。それにこだわりすぎて長らく低迷。
    カリスマ指導者の功罪、ありますね。
    スポーツはやはり楽しみながら勝つ、これが一番。何が何でも勝つとかいうけど、そういうやつに限って、何もやらず何も変えずに、何も考えていない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月13日

    日本開催のラグビーワールドカップがかなり盛り上がりを見せ、巷では「にわかファン」なんて言葉も流行り、
    とにかく注目されたラグビー。

    私もその「にわかファン」の1人です。
    作者のスポーツ小説は何冊か読んだ事あり。

    大学ラグビーを舞台にした話なのだが、OBやら伝統やら
    やたらとしがらみが多くて面倒そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月23日

    ワールドカップを契機にしたラグビーブームに乗ったわけではありませんが、読んでみました。

    かれのこのシリーズの作品って、必ず、登場人物間の対立がありますよね。この作品も例外ではありません。そう言うことがないと物語にならないということはあると思いますが、何となく、パターン化してしまっている気がします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月13日

    偉大な父/監督と戦う男達の物語。
    ポジティブに終わる感じが、スーッと入りすぎて印象が薄くなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月12日

    大学ラグビーでリーグ4連覇を目指す強豪の城陽大ラグビー部。弱小チームだった城陽大を3連覇に導いた監督がシーズン開幕直後に急死し、コーチ七瀬が新監督に。前監督のノートを読んだ七瀬は前監督が目指したラグビーが、実はそれまでの城陽大ラグビーとは全く相反するスタイルであることを知り、亡き監督の思いを実現させ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年04月29日

    初 堂場瞬一作品。

    ラグビーは、冬の屋外でのスポーツでした。かつては、冬は今よりもずっと寒かった。
    だから、観客席の私たちは、選手のプレイと一緒になって声援をあげていた。寒さを吹き飛ばすかのように。

    フォワード中心の「テンマンラグビー」チームが、いきなり「フィジアン・マジック」には、いかんせん無...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています