音楽嗜好症(ミュージコフィリア)

音楽嗜好症(ミュージコフィリア)

作者名 :
通常価格 935円 (850円+税)
紙の本 [参考] 1,188円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

雷に打たれ蘇生したとたん音楽を渇望するようになった医師、ナポリ民謡を聴くと発作を起こす女性、フランク・シナトラの歌声が頭から離れず悩む男性、数秒しか記憶がもたなくてもバッハを演奏できる音楽家……。音楽と精神や行動が摩訶不思議に関係する人々を、脳神経科医が豊富な臨床経験をもとに温かくユーモラスに描く。医学知識満載のエッセイは、あなたの音楽観や日常生活さえも一変させてしまうかも?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫NF
ページ数
544ページ
電子版発売日
2015年09月30日
紙の本の発売
2014年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

音楽嗜好症(ミュージコフィリア) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月23日

    面白かった。この本ほど「自分にとっての音楽とは何か?」を真剣に考えさせられた本はありません。また、これほどまでに音楽的才能というのが解剖学的遺伝(つまり生まれつき)からの影響に支えられている事に驚き、自分には自分が生まれつき持っている手札で鍛錬していくことしか出来ないのだという事実と、自分には自分が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月05日

    音楽『嗜好』症というタイトルだけあって、29章すべてで音楽をKEYとして、様々な脳機能上の欠損(事故、病気、先天性、手術)を原因として起きる様々な症例が扱われる。

    異常に音楽が好きになった、音楽が嫌いになった、楽しめなくなった…そして音楽に救われた、等の話が様々な症例とともに詳細に紹介される。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月14日

    雷に打たれ命を取り留めた替わりにいきなり音楽に取り憑かれた男、金管楽器の低音に反応しててんかん発作を起こす船乗りと言った様々な症例を紹介するオリバー・サックスは「レナードの朝」の原作で有名な神経学者だ。

    歌手がよく音楽の力を口にするがどうも一定の条件では本当に力を持つ。言葉を話せなくなった失語症の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月11日

    音楽に取りつかれるということ、脳の虫、才能、絶対音感、共感覚、音楽と身体機能、音楽と感情、音楽と記憶、認知症。
    今まで論じられてきたこと、あるいは、語られることなく、個人的な「あるある」でバラバラに済まされてきたような諸々が「脳」をキーステーションにして展開される。その纏め上げだけでも面白いが、さら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月30日

    音楽嗜好症(ミュージコフィリア)とは,サックス先生が作り出した造語なんだと思いますが,本書は,人間の存在と音楽がどれほど深く関わるものなのかを一冊に凝縮したものです。天下一品の特濃スープよりも,飲みごたえがありました。

    全29章からなる本書は,大きく四つに分けることができます。

    第一部では,突発...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月02日

    文字通り“雷に打たれて”以来、ピアノを弾くことに取り憑かれてしまった医師。隣人の家から大音量で流れるレコードプレーヤーの音楽のような幻聴。聴覚は機能しているのに脳が音楽を構成する要素をうまく感知できず、無感動になってしまう失音楽症。反対に、言語に不自由を抱えている人たちが音楽の力によって、コミュニケ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月07日

     難しい本だった・・・。時間かけすぎたかもしれない。色々な症例をもとに、医学的、哲学的、工学的にその分析をする。分析結果がどうつながるのかは分かるものもあればわからないものもある。と、目的を掴むのに苦労する内容に思えた。こういう例があるので、応用すると何らかの音楽的才能が開ける、とかいう話ではなかっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月19日

    以前からこの本のハードカバー単行本を書店で見かけ、気にはしていたのだが、突然文庫化されたので早速買ってみた。
    著者は「レナードの朝」で有名な脳神経科の臨床医で、ここでは音楽にまつわる様々な脳現象(音楽が頭から離れない神経症的状況とか、脳の損傷の結果音楽が意味あるものとして把捉できなくなるといった症例...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月17日

    オリヴァー・サックスは、ぼくが脳神経学に興味を持つきっかけになった「妻を帽子とまちがえた男」の著者。
    一般的には、「レナードの朝」で有名。

    本書では、脳に障害を抱えた人たちを音楽の視点からみている。

    脳の障害が様々な困難を引き起こすにもかかわらず、音楽的な能力は損なわれず、むしろ、向上するケース...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています