自衛隊の転機 政治と軍事の矛盾を問う

自衛隊の転機 政治と軍事の矛盾を問う

作者名 :
通常価格 756円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

現場から、渾身の提言!
憲法第9条の下、専守防衛の軍として戦後、一発も実戦で撃たなかった自衛隊。集団的自衛権行使と国連PKOでの武器使用拡大路線で、自衛隊の役割はどう変わるのか。日米同盟と憲法のはざまで、悩みながら海外派兵の実務を仕切ってきた元防衛官僚が、発足以来60年の矛盾に向き合い、拙速な法改正に異を唱える。どんな大義のために殺し殺されるリスクを負わせるのか、国民の覚悟を問う一書。

[内容]
第一章 自衛隊を取り巻く矛盾
 1 自衛隊と「国民」をつなぐ
 2 変わりゆく時代のなかで
 3 矛盾の限界
第二章 鼎談・前線からの問題提起
 1 政治の論理と現場の乖離
 2 好戦的に変わったPKOと、自衛隊員のリスク
 3 憲法と集団的自衛権
 4 誰が責任をとるのか
 5 日本はどう貢献するのか
第三章 いまこそ自衛隊から平和を問い直す
 1 国民の期待と自衛隊内の不満
 2 リスクを理解しているか
 3 日米同盟を考え直す
 4 イラク派遣の成果
 5 海外派遣の課題
 6 政治と自衛隊、憲法の論点

ジャンル
出版社
NHK出版
掲載誌・レーベル
NHK出版新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2015年09月15日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年04月05日

法学会では「自衛隊は違憲」が主流なのであろうが、現実社会において国民の支持を得ている自衛隊の地位を憲法上明確にし、安定させなければならないとまず痛感した。
「国民が理解も支持もしていないことは自衛隊にはできない」、「派遣される『大義』は何か」、「一旦出た以上、易々と引き上げることは住民を見捨てること...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月20日

武器の使用をせずに済んできたが、新しい法制で質的に違うリスクが自衛隊に課せられる。それでも武器使用は個人の責任。現場の現実に即した法整備が必要。
冨澤さん伊勢﨑さんとの鼎談。
日本政府は自衛隊を出さなきゃとの強迫観念を持っていて、自衛隊を出すことが自己目的化している。日米同盟は日本の持ち出しが多いく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play