招き猫神社のテンテコ舞いな日々3
  • 値引き
  • 最新刊

招き猫神社のテンテコ舞いな日々3

作者名 :
値引き価格 335円 (305円+税) 12月26日まで
通常価格 671円 (税込)
獲得ポイント

1pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

東京の片隅にある小さな神社で、管理人として細々と暮らしている青年・和己。ある日のこと彼は、神社の所有者である伯父が入院したことを知る。重体だと聞き、急いで見舞いのために入院先の病院を訪れるものの、伯父の養子から「父が亡くなったら、神社を潰して、土地は売るつもり」と冷たく突き放されてしまう。ショックを受ける和己の頭には、神社に棲みついている化け猫たちや、神社を慕って通ってくれる松川さん、かしましい女子中学生たちのことがよぎるのだった――。果たして、神社は潰れてしまうのか……!?

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2016年10月25日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

    Posted by ブクログ 2017年01月31日

    うん、面白かった。

    シリーズ3冊目。
    相変わらず、主人公和己のボヤキ突っ込みがとても愉しい。
    そして妖猫達も相変わらずのマイペースで、いや良いなあ、この感じ。

    物語的には神社がなくなってしまうというピンチを和己がどうにかしようと(いや具体的には金工面なのだけど)、あくせくする展開。
    美味しい話や...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月10日

    伯父が入院し神社が潰れるかもしれない危機に、気の良いDQN青年が和己に弟子入りする。和己目線の地の文が記憶より若いノリで、知り合ったご婦人を上から目線で理解したりもあって、若干持て余した。これまでの登場人物も多少の記憶はあっても名前からは思い出せなかった。唯我独尊で媚びない妖猫三匹が変わらず可愛い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月01日

    あいかわらずかるーいけれど、なんだか楽しく
    なってきた(笑)
    神社の存続問題での、みんなの行動は嬉しかったし。
    今回は虎がちょっとおとなし目だったか?(笑)
    友路がユニークでいいわ~。色々大変な過去を持っているようだけど、憎めない奴。
    篠原はさぁ、もう、完全に縁を切った方がいいよねえ。
    さて、シリー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年10月15日

    シーとヒーがほんとカワイイ!!w

    いつも涙なくして読めないけど、今回も泣けたな。
    前作ほどの号泣ではなく、ホロリって感じだけど。

    ずっとずっと続いてほしい!!

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 招き猫神社のテンテコ舞いな日々
    値引き
    起業した会社が倒産したため、着の身着のまま、東京の片隅にある神社に管理人として身を寄せることになった青年。都落ちを痛感しながらも、再起に向けて意気揚々と暮らし始めようとする。 ところが、この神社には3匹の猫が棲み着いていた。大きくてブサイクな虎猫と、灰色の毛玉のような仔猫2匹。実は彼らは“化け猫”だった。 傍若無人ぶりを発揮する化け猫たち。そして、それにひたすら翻弄される青年―...
  • 招き猫神社のテンテコ舞いな日々2
    値引き
    東京の片隅にある小さな神社で、管理人として細々と暮らしている青年・和己。虎、グレイシー、グレイヒーという三匹のフテブテしい“化け猫”たちとの喧嘩が絶えない生活にも、なんとか慣れてきた、ある秋の日のこと、その事件は起こった!  二次元キャラとの挙式を申し込む、真面目そうな青年。いつもひとりで神社に足を運ぶ、寂しげな少年。そして、かつて和己を会社から追い出したヤリ手のパートナー。さ...
  • 招き猫神社のテンテコ舞いな日々3
    値引き
    東京の片隅にある小さな神社で、管理人として細々と暮らしている青年・和己。ある日のこと彼は、神社の所有者である伯父が入院したことを知る。重体だと聞き、急いで見舞いのために入院先の病院を訪れるものの、伯父の養子から「父が亡くなったら、神社を潰して、土地は売るつもり」と冷たく突き放されてしまう。ショックを受ける和己の頭には、神社に棲みついている化け猫たちや、神社を慕って通ってくれ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています