心の鏡

心の鏡

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人間への愛と心の不思議さをあたたかな筆致で描きつづけ、世界中の人々を魅了する作家、ダニエル・キイス。代表的な長篇『アルジャーノンに花束を』の原型である中篇版のほか、奇妙な能力をもつ少年マロと弁護士デニスの運命の出会いを描く表題作「心の鏡」、万能コンピュータがひきおこす騒動をユーモラスに描いた「エルモにおまかせ」など、七篇を収録。キイスの魅力をあますところなく伝える、日本版オリジナル作品集。

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ダニエル・キイス文庫
ページ数
344ページ
電子版発売日
2015年08月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

心の鏡 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年01月31日

    中学生のときに読んだ本。
    表題作、『心の鏡』は
    今まで読んだ中で最も
    自分にとって大切な小説だと
    認識している。

    Crazy Maroになりたいんだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ビリーミリガンとかアルジャーノンとか読んだ時は、精神医学系の作家だと思ってました。
    が、SFですね、アルジャーノンも。
    ダニエルキイス全部読もう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月01日

     中編版『アルジャーノンに花束を』が収録されているダニエル・キイスの短編集。全部SFですが、キイスらしく人間の心にも焦点があたっていますね。いずれの短編も良くできていて、面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月23日

    最初の3作品はAIの問題。50年代の終わりから60年代の初めに書かれたものなのに全然古さを感じない。むしろ今だから、こういう不安や恐怖をひしと感じるのではないか。

    『アルジャーノンに花束を』の短編が収録されている。本書の中でこれだけが稲葉明雄訳。長編の小尾さんの訳では、チャーリーの一人称が「ぼく」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月15日

    『心の奥底のどこかで、彼は昔読んだことのある一文を想起して、それが現在の情況に当てはまるような気がした。』

    心理学、精神医学といった分野に関する種々のテーマを、SFというアプローチで描いている短編集。アルジャーノン然り、口当たりがなめらかな作品が並んでいるが、濃厚な深みの効いたものもある。個人的に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月23日

    「アルジャーノンに花束を」の作者としての認識しかないが、こういう空気感のある作品集は読んでいて穏やかな気分になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月11日

    短編集。「アルジャーノンに花束を」の短編もあったけど、長編より短編のほうが個人的には好きだと思った。「心の鏡」は心理学を読んでいるような感じだった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています