多数決を疑う 社会的選択理論とは何か

多数決を疑う 社会的選択理論とは何か

作者名 :
通常価格 777円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

選挙の正統性が保たれないとき、統治の根幹が揺らぎはじめる。選挙制度の欠陥と綻びが露呈する現在の日本。多数決は本当に国民の意思を適切に反映しているのか? 本書では社会的選択理論の視点から、人びとの意思をよりよく集約できる選び方について考える。多数決に代わるルールは、果たしてあるのだろうか。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2015年07月16日
コンテンツ形式
XMDF

Posted by ブクログ 2018年01月07日

積読消化。
タイトルのとおり、複数の候補から投票で最多得票だったものを選ぶという多数決が、本当に人々の意見をよりよく反映したものを選べるのか、その問題点、どんな条件下でうまく機能するのか、代替案としてはどんなものがあってそれぞれの利点と欠点は、といったテーマを扱う。
副題にあるとおり、この領域を社会...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年07月15日

 「選挙結果が民意であり,私たちは民意を受けたのである」と,時の為政者たちは威張り散らしているこのごろですが,今の日本の選挙結果は民意を反映していると言えるのか?
「何かがおかしい?」と思っている方は,是非,読んでみていただきたい。
 小学生の頃から多用されている「多数決」という決め方が,けっして民...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月14日

多数決ほど、その機能を疑われることなく社会で使われ、しかもその結果が重大な影響をおよぼす仕組みは他にない。選挙も、株主総会も基本的には多数決である。本書はその疑問から出発し、多数決がもつ不完全で危険な性質をわかりやすく説明し、他の「選択方法」についてもメリットとデメリットを解説してくれている。大勢の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月18日

星蘭祭のクラスの出し物を何にするか、委員会や部活動の代表者を誰にするか、皆で観に行く映画はどれにするか等々、複数の人がいるグループで、いくつかの選択肢の中からひとつを選ぶ場面は日常にたくさんある。そんな時、どんな方法で決めているかと問えば、多くの人は「多数決」と答えるだろう。日本の国政選挙、地方選挙...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月05日

【目次】
はじめに [i-viii]
目次 [ix-xii]

第1章 多数決からの脱却 001
1 多数決を見つめ直す 002
絶海の孤島での選挙/多数意見は尊重されるか
2 ボルダルール 011
ボルダによる幕開け/なぜボルダ配点が優れているのか/なぜ配点を固定するのか
3 実用例 019
中欧...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play