ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編5
  • 最新刊

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編5

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2学期が開始と共に2つのイベント、体育祭と初の文化祭の開催が発表された。文化祭に胸躍らせる高度育成高校の生徒達だが、茶柱が唐突な特別試験の開催を発表する。
試験名は『満場一致特別試験』。クラス全員の意見が一致するまで投票を繰り返すという一見容易な試験内容。だがその本質は茶柱の10年来のトラウマになるほどのもので……。
全員が投票で意思表明する必要がある『満場一致特別試験』によって否応なくその混沌に巻き込まれていく生徒達。
「では、最後の課題を表示する。投票の用意を」
試験史上最も容易で、最も残酷な試験! 悔いなき選択を生徒達は果たして選ぶことができるのか!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / MF文庫J
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
MF文庫J
シリーズ
よう実シリーズ
電子版発売日
2021年10月25日
紙の本の発売
2021年10月
サイズ(目安)
15MB

関連タグ:

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編5 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    sikamo 2021年10月26日

    惜しいキャラが退場してしまったという感は否めないし個人的な好き嫌いでいえば櫛田がいなくなった方が良かったとは思うが、話としてはかなりドラマチックで面白い展開だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    ahirunoosiri 2021年10月26日

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    Tarakawa 2021年10月25日

    切ないの一言、でも楽しませてもらいました

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月14日

     改めてこの学校は実力主義なんだと突きつけられたような印象だった。実力のないもの、努力のないものは容赦なく白羽の矢を立てられる恐ろしさと共に、後悔してからでは遅いという教訓も感じられた。
     1年生編10巻のクラス内投票以来、終始息の詰まるような展開で、思考を止めることすら許されないようだった。また自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    予想できない結末

    2021年11月06日

    扉絵を見てなんとなく展開を予想してこうなるんだろうな〜って読んでたけど、ラストが予想外すぎた。
    でも心理描写や綾小路の戦略、他クラスの描写を見て本当に凄い作品だなって思いました!
    次巻も楽しみにしています。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    言わずもがな

    KLP 2021年11月03日

    面白い!!

    レビューというよりただの感想ですが、作者さんが以前のインタビューかなんかで仰っていた構想よりもキャラが勝手に動いてしまう(こんな感じの趣旨)、といったものを感じました。色々な可能性のある中で主人公や周りの人物たちが選んだ決断を信じ、今後も見ていきたいと思えるような内容です。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    なかなか

    たると 2021年11月02日

    いつも通りの日常から飛び出して、こんな学校生活があればいいのにと思える作品です。まだ読んでいる途中ですがワクワクが止まりません、

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月25日

    これまでで最も衝撃的な結末で、読み終わった後はそうなってほしくなかったと納得できない悲しい気持ちになりました。

    それでも面白かったので一気に読み終わりました!そしてこれだけ大きく揺らいだDクラスが今後どうなっていくのか、続きが早く読みたくて仕方ありません。

    これぞ「実力至上主義」。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    予想通り

    ぜろれく 2021年10月25日

    でもおもろかった最高

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    壮絶なラスト

    YUM 2021年10月29日

    これ予想出来た人居ないんじゃないかな…w。そのままの流れであの人が消えていくかなと思ったのに、クルッと回ってしまった。綾小路怖ぇよ

    このレビューは参考になりましたか?

ようこそ実力至上主義の教室へ のシリーズ作品 1~20巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~20件目 / 20件
  • ようこそ実力至上主義の教室へ 9
    綾小路への宣言通り、ついに坂柳有栖による一之瀬帆波潰しが始まった。暴力沙汰、援助交際、窃盗、強盗、薬物使用の過去があるといった一之瀬への誹謗中傷が学校中に広まっていく。噂の出所は間違いなく1年Aクラス。Bクラスの神崎らが止めにかかるが証拠がない。さらに一之瀬の動きも消極的。膠着した状況の中、ある人物が綾小路の前に現れる。「坂柳を止めてよ。あんたならそれが出来るんじゃないの」1年Aクラスの神室の要請に対し綾小路が下した決断は? そして櫛田桔梗が生徒会長の南雲雅に接触し、学校内に不穏な空気が流れ始め――。大人気クリエイターコンビが贈る、新たな学園黙示録第9弾!
  • ようこそ実力至上主義の教室へ 10
    季節は春、3月を迎えた高度育成高校の1年生。だが3学期末試験時点で歴史上初めて退学者を出さなかった結果、1年の全クラスに追加の特別試験『クラス内投票』が実施されることとなった。それは生徒自身が退学者を選ぶ非情な試験。誰かが退学しなければならない。その現実を前に冷静な平田の声も届かずCクラスは分裂。疑心暗鬼が広がる中、裏切り者も現れ最大の危機を迎える。一方他クラスの状況はAクラスが早々と退学者を決め、Dクラスは龍園が退学濃厚。そんな状況の中、Bクラス一之瀬はクラスメイトを救うため南雲生徒会長とある取引をしようとしていた。だがその条件は一之瀬が南雲と交際するというもので――!?
  • ようこそ実力至上主義の教室へ 11
    初めて出た退学者の衝撃冷めやらぬ中、1年最後の特別試験『選抜種目試験』がついに告知された。内容は総合力が問われるもので各クラスは筆記試験、将棋、トランプ、野球等、勝てると思う種目を10種選抜。本番では1クラスを相手に、ランダムに選択された7種の種目で争うというものだ。また各クラスには1名司令塔が存在し、勝てば特別な報酬が得られるが負ければ退学となるらしい。綾小路は自ら司令塔に立候補。そして坂柳が望んだ通り、AクラスとCクラスとの試験対決が決定する。「だが私は楽しみになったぞ綾小路。これでやっと、おまえの実力を見られるんだからな」綾小路VS坂柳の激戦必至の一騎打ち始まる!
  • ようこそ実力至上主義の教室へ 11.5
    学校側の介入というアクシデントがあったものの、1学年の最終試験を退学者なしで乗り越えたCクラス。最後の行事、卒業式を迎える。兄との最後の接触に踏ん切りのつかない堀北にアドバイスを与えつつ、綾小路は月城理事長代行対策に動き出す。システムにはシステムで対抗、坂柳理事長に連絡を取り、1年Aクラス担任の真嶋、茶柱と秘密裏に接触、交渉を試みる。一方で綾小路の偽の姿について疑念を持つクラスメイトも現れていた。好奇心と願望の下、1年Cクラス松下千秋が綾小路の追跡を始める。そして1年という月日は生徒同士の関係を大きく進展させるには十分な期間で――。新たな学園黙示録、1年生編完結!
  • ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編1
    高度育成高校での2度目の春を迎えた綾小路達Dクラス。待ち受けるは試験だけではなく、個性的な新1年生達。中学時代龍園と悪名を二分した宝泉和臣、同じ中学出身を名乗り櫛田に接近する八神拓也、気分屋で綾小路を引っ張り回す天沢一夏。そして4月最初の特別試験は1、2年生がペアとなる筆記試験。ペアの合計点が基準を下回れば2年生のみ退学となる。 さらに南雲が各生徒の能力を表示する新アプリを実装。それが全生徒に公開されたため学力の高い生徒に人気が集中。2年Dクラスは苦境に陥る。またペアを組む必要上、綾小路もホワイトルーム出身の1年生を見抜けなければ即退学の状況となり――!?
  • ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編2
    新1年生の仕掛けを回避した綾小路。だが「取れるはずのない満点を綾小路が取った。俺は……手品を見てるみたいだ」数学試験の満点獲得が波紋を広げる。そんな中、試験の結果を受け堀北鈴音が生徒会入りを要望する。来るもの拒まずの南雲はそれを受け入れるものの色々な思惑が絡むようで……。 軽井沢との仲が少しずつ深まるなど、状況が変化を迎える中、全学年で競いあう無人島サバイバル試験の夏休み開催が発表された。戦いはグループ戦で上位3グループに莫大な報酬が与えられる一方、下位グループは退学ペナルティを受ける。前哨戦として上陸前にグループ作りが許可された結果、全クラスを巻き込んだ人材獲得合戦が始まる!
  • ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編3
    常夏の無人島を舞台に、全学年で得点を競い合うサバイバル試験がついに開始された。得点を得る方法は2つ。毎日一定時間ごとに指示される指定エリアを訪れることと、無人島内に設置された課題を条件通りにこなすこと。グループ人数が多いほど有利かつ、退学の可能性も減る試験内容。2週間という長丁場かつ、水や食料の補給も考える必要のある過酷な試験。さらに月城理事長代理は学生同士の小競り合いを試験中は容認するらしい。そんな中単独行動で状況を窺う綾小路だが、1年Dクラスの七瀬翼が同行を申し出る。メリットのない奇怪な行動だが七瀬の出方を知るため綾小路はそれを受諾。2人組での無人島走破が始まる!
  • ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編4
    2週間のサバイバル試験も後半戦。1年生、2年生、3年生、月城理事長代理、様々な人の意志が常夏の無人島で交錯する。 「私は退学を恐れません。綾小路先輩を守るためであれば、何でもするつもりです」 「だから、あたしの許可なく勝手に潰されてないで下さいね」 「もしもの時はそうだな……力づくで乗り切ることにしよう」 「高円寺を封じ込める指揮は俺が取る」 「やれやれ、騒がしいねぇ。それじゃあ、少しだけペースを上げさせてもらおうかな」 「わ、私、どうしても綾小路くんに伝えなきゃいけないことがあって!」 全学年、全生徒、総力戦の無人島サバイバル試験、ついに決着!
  • ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編4.5
    様々な出来事を乗り越え無人島試験も終了。待望の豪華客船での夏休みが始まった。だが試験は様々な爪痕を残し、龍園が小宮を襲撃した犯人探しを開始、他の生徒達も今までとは違う動きを見せ始めていた。そんな中、綾小路の前に3年の桐山が現れる。「おまえの存在は邪魔でしかないんだ綾小路」 告げられたのは南雲の変貌。奇怪な行動を取り始め、綾小路1人に対して、3年生全体による『奇妙な監視』という指令が実行される。 一方で告白に対しての答えを返すため、綾小路は一之瀬との約束の場所に向かい――!? 大人気学園黙示録、2年目の夏休みは波乱含み!?
  • ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編5
    2学期が開始と共に2つのイベント、体育祭と初の文化祭の開催が発表された。文化祭に胸躍らせる高度育成高校の生徒達だが、茶柱が唐突な特別試験の開催を発表する。 試験名は『満場一致特別試験』。クラス全員の意見が一致するまで投票を繰り返すという一見容易な試験内容。だがその本質は茶柱の10年来のトラウマになるほどのもので……。 全員が投票で意思表明する必要がある『満場一致特別試験』によって否応なくその混沌に巻き込まれていく生徒達。 「では、最後の課題を表示する。投票の用意を」 試験史上最も容易で、最も残酷な試験! 悔いなき選択を生徒達は果たして選ぶことができるのか!

ようこそ実力至上主義の教室へ の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

MF文庫J の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング