「トモセシュンサク」おすすめ作品一覧

「トモセシュンサク」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:トモセシュンサク(トモセシュンサク)
  • 生年月日:9月29日
  • 出身地:日本 / 福岡県

『彼女は眼鏡HOLICシリーズ』(上栖綴人)、『司書とハサミと短い鉛筆シリーズ』(ゆうきりん)、『小悪魔ティーリと救世主!?シリーズ』(衣笠彰梧)などの作品で挿絵を手がける。ゲーム原画で『暁の護衛』シリーズなどがある。また、『僕は友達が少ない ゆにばーす 2』ではイラストを手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/23更新

ユーザーレビュー

  • 僕は友達が少ない 11
     まるまる一冊をエピローグとして使った11巻、完結巻である。クリスマスの日に暴れた小鷹や隣人部のその後が描かれている。
     ここではいつものようにショートスタイルで物語が展開しているが、砂時計の砂が落ちていくかのように時間が過ぎていくのは、小タイトルに括弧付された数字(これは卒業までの日数だろう)で暗...続きを読む
  • ようこそ実力至上主義の教室へ 5

    隠された実力があきらかに!?

    いままで表舞台で実力を出さずに影に潜んで人を操っていた昼行灯の実力の片鱗が明かされる!!
  • ようこそ実力至上主義の教室へ 4.5
    優秀な者だけが好待遇を受けられる実力至上主義の学校で繰り広げられる人間模様を描いた物語。今回は短編集とも連作ともとれるような幕間劇になっていますね。

    これまで登場してきたキャラの中で、あまりスポットの当たっていなかった人物のキャラクターを掘り下げるような内容になっておりまして。

    最後の最後で明か...続きを読む
  • 僕は友達が少ない10
    1巻から読み始めて最新巻まで10冊以上通しで読めるライトノベルを引き当てたのはかなり久しぶりだ。
    一気読みしてしたので感想は色々あるんだが、一言で言うなら「途中で裏返りやがった・・・」って感じ。
    7巻あたりから雰囲気が変わり始めて8巻以降で色々と裏返った印象。
    具体的には、理科の言動や夜空の言動、そ...続きを読む
  • 僕は友達が少ない10
    最近「はがない」は遠ざかっていたのだが、充分に楽しめた。友情と愛情は似て非なるものだということですかね。

特集