角川インターネット講座14 コンピューターがネットと出会ったら モノとモノがつながりあう世界へ

角川インターネット講座14 コンピューターがネットと出会ったら モノとモノがつながりあう世界へ

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
紙の本 [参考] 2,750円 (税込)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

計算機として誕生したコンピューターは、ネットワーク化によって役割を変化させた。あらゆるモノとモノがつながりあう「インターネット・オブ・シングス」時代のために学ぶ、コンピューター&ネットワークの進化。

■執筆者

《第一部 IoTを支える技術》
序章 ネットワークにつながるとはどういうことか?
 坂村 健(東京大学大学院情報学環教授、ユビキタス情報社会基盤研究センター長)
第1章 IoT時代のノード
 越塚 登(東京大学大学院情報学環教授)
第2章 IoT時代のユーザーエクスペリエンス
 暦本純一(東京大学大学院情報学環教授、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所副所長)
第3章 IoT時代のネットワーク
 中尾彰宏(東京大学大学院情報学環教授)

《第二部 融合するコンピューターとネットワーク》
第4章 ネットにつながるモノ
 越塚 登
第5章 モノとモノがつながる世界
 坂村 健
※本文に記載されている「購入者特典」には期間が限定されているものがあります。あらかじめご了承ください。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / インターネット
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川学芸出版全集
電子版発売日
2015年05月25日
紙の本の発売
2015年05月
サイズ(目安)
8MB

角川インターネット講座14 コンピューターがネットと出会ったら モノとモノがつながりあう世界へ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年01月10日

    Iotは話題の分野
    物と物とがつながると人間の判断も不要になることもある
    情報量はさらに増える
    ユビキタスなネットワークはTRONなくして実現しないだろうと思える
    米国を凌駕できる日はくるのか
    応用できる利用価値は大きいともえ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月11日

    TRONの坂村先生監修のIoTの本。2015/5/25初版。各章毎に別々の人が書いている。IoT概要として良い本だと思うが、坂村先生監修だけあってTRONの記載が多いという印象。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています