大好評の望月麻衣さん「京洛の森のアリス」は早くも第三弾です。王族をやめて一般人となった王太子の運命はいかに? 安東能明さん「夜の署長II」、辻堂ゆめさん「ロボット・パティのお騒がせ事件簿」、円居挽さん「キングレオの回想」と読切ミステリーも充実の最新号です。

◆大好評!人気シリーズ◆
望月麻衣 「京洛の森のアリスIII」
安東能明 「夜の署長II 塔の死角」
辻堂ゆめ 「ロボット・パティのお騒がせ事件簿」
円居挽 「キングレオの回想 六つの土下座像」

◆連載小説◆
藤沢周「あじゃりあじゃらか」
門井慶喜「空を拓く」
夢枕獏「ダライ・ラマの密使」

◆最終話◆
中島京子「夢見る帝国図書館」
矢月秀作「刑事学校 II」
深緑野分「スタッフロール」

◆別冊コラム◆
久保寺健彦「秘かな胸の痛み」
秋竹サラダ「亡き王女のためのパヴァーヌ」
◆book trek◆
降田天『すみれ屋敷の罪人』
武田綾乃『その日、朱音は空を飛んだ』

ジャンル
出版社
文藝春秋
電子版発売日
2019年02月20日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 別冊文藝春秋 電子版24号
    通常版 800円(税込)
    大好評の望月麻衣さん「京洛の森のアリス」は早くも第三弾です。王族をやめて一般人となった王太子の運命はいかに? 安東能明さん「夜の署長II」、辻堂ゆめさん「ロボット・パティのお騒がせ事件簿」、円...
  • 別冊文藝春秋 電子版23号
    通常版 500円(税込)
    別冊文藝春秋(通巻339号/2019年1月号) 最新型の人型ロボットと聞けば、色々なことができそうに思いますよね? しかし、実際は……。辻堂ゆめさん「ロボット・パティのお騒がせ事件簿」は、ロボットへの...
  • 別冊文藝春秋 電子版22号
    通常版 500円(税込)
    別冊文藝春秋(通巻338号 2018年11月号) 京都を舞台にしたミステリー、名探偵・キングレオが帰って来ました! 「日本探偵公社」に所属するキングレオこと天親獅子丸とその助手・大河が挑むあらたな謎と...
  • 別冊文藝春秋 電子版21号
    通常版 500円(税込)
    別冊文藝春秋(通巻337号 2018年9月号) 人気シリーズ『化学探偵 Mr.キュリー』の筆者・喜多喜久さんが本誌初登場です。警視庁に配属された新人刑事は、王族につらなるお嬢様! 柔道二段の芦原とのコン...
  • 別冊文藝春秋 電子版20号
    通常版 500円(税込)
    別冊文藝春秋(通巻336号/2018年7月号) 今号は新連載が二作。矢月秀作さんの「刑事学校2」は大分県警の刑事研修所で現職の若手警官を一人前の刑事に育てるべく熱血指導する教官の奮闘を描いた痛快な警...
  • 別冊文藝春秋 電子版19号
    通常版 500円(税込)
    別冊文藝春秋(通巻335号/2018年5月号) 今号は新連載が一作。藤沢周さんの「あじゃりあじゃらか」は人間の奥底に眠っている欲望のあり様を問う、鮮烈なる官能の物語。奥多摩の谷戸にある寺院に雇われ、...
  • 別冊文藝春秋 電子版18号
    通常版 500円(税込)
    別冊文藝春秋(通巻334号/2018年3月号) 本誌で「空を拓く」を連載中の門井慶喜さんが、「銀河鉄道の父」で第一五八回直木三十五賞を受賞しました。「空を拓く」は、東京駅や日本銀行本店の設計を手掛け...
  • 別冊文藝春秋 電子版17号
    通常版 500円(税込)
    別冊文藝春秋(通巻333号/2018年1月号) 今号も新連載、注目作が満載。安東能明さんの「夜の署長II 穂先の死」。ホテルで新興IT企業の取締役が脳出血で死亡。「夜の署長」こと下妻晃は事件性を嗅ぎ取...
  • 別冊文藝春秋 電子版16号
    通常版 500円(税込)
    別冊文藝春秋(通巻332号/2017年11月号) 今号は新連載が三作。門井慶喜さんの「空を拓く」。東京駅や日本銀行本店の設計を手掛けたことでも知られる建築家・辰野金吾の人生を通して、近代都市誕生のロマ...
  • 別冊文藝春秋 電子版15号
    通常版 500円(税込)
    別冊文藝春秋(通巻331号/2017年9月号) 今号は新連載が一作。葉真中顕さんの「セルロイド」は、カリスマ的人気を誇るアニメーション監督・伊藤七瀬が主人公。一切の妥協を許さない彼女の創作姿勢はスタ...

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。