昭和まで生きた「最後のお殿様」 浅野長勲

昭和まで生きた「最後のお殿様」 浅野長勲

作者名 :
通常価格 1,078円 (980円+税)
獲得ポイント

5pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

幕末、明治、大正、昭和までを凛と生き抜いた「最後の大名」がいた。
その安芸広島藩藩主「浅野長勲」の数奇な人生を通じて、激動の近現代史を振り返る。

長州征伐での調停から、大政奉還で建白書の提出、新聞「日本」の発行、小御所会議での活躍、第十五銀行の頭取、日本初の洋紙製造会社の創業、イタリア大使、昭和天皇の養育係と、実業・言論・政治の世界で一目置かれる存在であった。


また、徳川慶喜や孝明天皇、西郷隆盛、大久保利通、岩倉具視、坂本龍馬と親交があった。

長勲と話した慶喜は、「老中が強すぎて、俺の言うことなど聞いてくれない」と言って、ポロポロ涙を流したという。
慶喜の涙。これを見た大名が、この時代に何人いたであろうか。

また、ガチガチの攘夷論者として知られた孝明天皇が、実は「攘夷は方便である」と長勳に打ち明けている。

坂本龍馬や西郷隆盛などの幕末伝にはない、もう一つの幕末・近現代史が見えてくるだろう。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
パンダ・パブリッシング
電子版発売日
2015年04月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
35MB

関連タグ:

昭和まで生きた「最後のお殿様」 浅野長勲 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています