ペーパームービー

ペーパームービー

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

父に内田裕也、母に樹木希林という「ハゲシイ」環境で育った著者。
夫、本木雅弘との出会いやユニークな留学経歴等「メクルメク日々」を描く。
野の花のようにノーブルなリアルテイルズ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
朝日出版社
電子版発売日
2015年03月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
15MB

関連タグ:

ペーパームービー のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年12月10日

    当時19歳の也哉子さんが紡ぐやわらかで瑞々しい感性に驚かされる一冊。
    自由とそれに伴う責任を強く刻みつけた生き方と家族や友人、大切な人たちをめぐる愛のやり取りのやわらかな心地よさと優しさが水のように透き通ってぐんぐんと染み渡る。
    旦那様との馴れ初めから結婚生活のやり取りがロマンチックで優しい、それで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月29日

    前からなんとなく魅力的だなあと気になっていたひとだったけど、
    この本を読んで思っていたものよりすごい文才と感性をもっているなあと
    感心してしまった。

    この若さでこんな文章を書けるのだから、とても頭がよい人なのだろう。
    そして母親の教育が素晴らしかったのだろう。

    そんなことを感じたのはこの文を読ん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    もっくんの奥さん、也哉子さんのエッセイ。
    これを書いたのが19歳で、もう結婚されてたなんて…。
    色々な生き方があるのねーという感じです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    「勿論、遠い先のことだろうし、こんなこと今言うのも変かもしれないけど…もし、いつかややちゃんが、結婚したいなと思う時期が来たら、選択肢の中に入れといて。」「結婚とか一緒に暮らすこととかを具体的に思うようになったのも、そんなスバラシイような、クダラナイようなところをもっとのぞいてみたかったからだ。二人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    2007.05.31(木)

     [un amour,sil vous plait]
    -アン アムール シルブプレ[愛をひとつ下さい]-
     あまりよく知らない人を、私は百パーセント愛している。


    なあんだ。なんの疑いもなく、自然に、当たり前に、血のつながってる人を愛せるのは、血のつながっていない人を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    内田也哉子さんのエッセイ。
    父の内田裕也さん、母の樹木希林さんを親として尊敬しながらも、まるで他人のように客観的にみていておもしろいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    何も知らない少女のとき、素敵な王子様があらわれて私をさらって行ってくれる。幼いころ夢見てたことを体現したややこさん。憧れの人です。ややこさんの生き方は、大人になり方にもいろいろあるんだなあ、と思わせてくれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    たんたんと綴られる普通の日常。
    (世間的には非現実的?)
    食べ物も恋人も同じレベルで好き、っていうのがいい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    恵まれた環境と才能

    ままま 2019年10月20日

    本文にもある通り恵まれた環境に育っているのだか、圧倒的に才能がある人であるのが伝わるから、羨ましく思うけど嫌味に感じることは全くない。苦手な父に対して感情的なることもなく淡々と客観的に描かれたパートが良かった。そこに大人を感じた。也哉子さんからみた世界が覗けたという感じ。私も自分の周りの愛するものを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月19日

    人にどう思われるとか、見られるとか、かっこわるいとか、ださいとか、いいかっこするとか、そういう自分が醜いと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

内田也哉子 のこれもおすすめ