GLASS HEART グラスハート

GLASS HEART グラスハート

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

バンドを「女だから」という理不尽な理由でクビになった高校生・西条朱音の元にかかってきた一本の電話。「一緒にバンドをやらないか」――天才ミュージシャン・藤谷直季からの突然の誘いに朱音は戸惑うばかり。翌日、藤谷の結成したバンドメンバーと出会った朱音は、なし崩しのまま、彼らとともに歩んでいくことになったが…。名作「グラスハート」シリーズ第一巻、待望のリリース!! 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / その他女性向けラノベ
出版社
幻冬舎コミックス
掲載誌・レーベル
バーズノベルス
電子版発売日
2015年02月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

GLASS HEART グラスハート のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年03月24日

    バンド小説。彼らが音楽を奏でるシーンはどれも鳥肌がたつくらいかっこいいです。レコーディング中の神経すりへらす大喧嘩とか、熱狂的ファンの驚異的行動とか、音楽業界のドロドロしたところとか、いろんなものが詰め込まれています。最終巻のラストシーンが最高に好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月15日

    私が、学生時代に読んで衝撃を受けたシリーズの新装版。
    この本と藤田貴美さんの「EXIT」の影響で大のバンド好きになりました。
    ライブに行って生音を聴かないと!と思ったのもこの頃からだったな~。
    今、読んでも面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月21日

    あぁ。なんか、まだ、みんな。若いな。と。ムダにキャーキャーしているというか。熱とか。そういう。なくしたモノがここにあって。ちょっち。さみしくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月18日

    cobalt連載時に飛び飛びで読んでいた。当時は西条のキャラクターが苦手で、感覚的な文体が苦手で、藤谷先生が意味不明だし、バンド物はEXITがあるから正直小説はどうなんだろう、と本を買うまではしていなかったので、いろいろ読み逃していたんだなあ、と今痛感する。確かに最初は文章がとにかく読みづらいんだけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月12日

    懐かしい!!
    読み返すと、本気で音楽に没頭していた事を思い出す。
    ただひたすら楽しかった頃、この本を読んでいた。

    でも、なんでかな。
    昔を思い出すのと同時に今の社会人としての自分を省みたくなる部分も多々あった。
    きっと、自分が甲斐さんに、セリカに似てきているからだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月26日

    じっくり読みたい。けど、時間が足りない・・・。
    というわけで、書き下ろしの『あたらしい朝』だけ先読み。

    高岡くんが若い〜。
    藤谷君との友情は、ホント、昔から細切れに繋がって現在に至るのね。
    そんなカンジ。

    やっぱり、GLASSHEARTの世界は好きです。
    早く最初から全部読みたい。

    続巻も、絶...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月18日

    コバルト文庫で読んでいたのですが、いつの間にか手放していたシリーズ。最終巻が発売された事がきっかけで再びグラスハートに戻ってきました。
    スキ。
    なにを置いても、この一言に尽きる。

    早く続きが読みたいーー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月08日

    文庫版はもちろん持っているのだけど、そんな、書き下ろしが入るなんてなったら、そんな、買うに決まってんじゃんよーー!!
    しかも尚のお話・・・!!涙。
    また彼らの話が読めて幸せです。当然★5つ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月07日

    青春そのものと言っても過言ではない、私にとって大切な小説。
    当然当時発行の文庫は持っているけれど購入。

    イラストは羽海野チカさんのものが一番好きだったので
    そのあたりは多少残念ではあるものの
    2冊分がひとまとめになっている点、最終巻と同じサイズになる点は嬉しい。

    再収録分について多くを語るつもり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月15日

    女だからとバンドをクビになった西条朱音は天才ミュージシャン・藤谷直季から突然バンドの誘いを受ける。

    奥付けみたら、10年近く前の本なのに、まったく古さを感じませんでした。興奮した!
    軽めの文体だけに、情景描写に物足りなさを感じますが、さらっと読めます。
    早くもテン・ブランクのファンになっている気が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています