GLASS HEART イデアマスター

GLASS HEART イデアマスター

作者名 :
通常価格 1,045円 (950円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

晴れて無事に大学生となった朱音。テン・ブランクの活動が本格化し、全国ツアーが始まった。だが、鳴り続けるバンドの背後に、ひそかな亀裂の予感が……!? 朱音の携帯に一本の電話が入る。櫻井ユキノの仕掛けた、最大の罠。メンバーそれぞれの想いがすれ違い、テン・ブランクは存亡の危機に。試練に立ち向かうため、朱音が下した決断とは――? 再び新しい局面を迎えるTB.自分たちの力を信じて、前に進み続ける!! 感動の完結巻! 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / その他女性向けラノベ
出版社
幻冬舎コミックス
掲載誌・レーベル
バーズノベルス
電子版発売日
2015年06月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

GLASS HEART イデアマスター のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年07月24日

    藤谷君が、よく見えるようになるはなし。
    そして、優しい最後。

    読み直したら坂本君に惚れそうです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月09日

    中学のときに大好きだったシリーズ。いろいろあって最終巻を読むのがずいぶん遅れてしまった。最後まで読めて良かった。大人になって結婚して子供生んでから読んでも、やっぱり坂本君が好きでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月03日

    とにかく無事完結してくれた!というのが一番の感想。
    初期とのイメージの違いなど賛否両論かもしれないけど、
    テン・ブランクのこれからを想像させるような、「一発のスネアの打撃を幾千万回積み重ねた」、これからも積み重ねていくラストにじんわり幸せになりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月06日

    前作から7年余、未完結のままになってしまうかと思いきや最終巻!

    グラスハートシシリーズ大好きです!
    一巻から最終巻まですべて!

    一作目を読んだのがもう10年以上昔なので、一巻からまた読み直したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月22日

    終わった・・・。
    みんな、幸せになれて良かったね。おめでとう。

    というのが、読み終わって最初に思ったこと。

    小説を読む時、私はいつも、登場人物の物語を覗かせてもらっている感覚で読みます。
    だから、読み進んでいくといつも、彼らと一緒に喜んだり、切なくて心が痛くなったり、ワクワクしたりしてきました。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    グラスハート最終巻。読めてよかった。「海と黄金」を何度も読み返しました。書いて下さってほんとにありがとう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    待ってましたっ
    Glass Heartシリーズの完結編!
    ドラム娘のアカネを巡る恋模様の行方は?
    テンブランクはどうなるの?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    グラスハート本編(番外編を書いてくださるらしいので)最終巻。
    読んでいる最中、めっちゃ痛いけど、めっちゃ幸せでした。
    ・・・Mだなあ!
    サカモトくんの告白に号泣。
    音楽と、人間としての感情の機微は切り離せない。
    それが厄介であり、でもそれが前へ進むチカラ。

    イデアマスター読んでる時は、本当に痛かっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    若木未生さんの、グラスハートシリーズの最終巻です。

    すごいエンディングでした。
    物語として、すごかったし、また、小説家若木未生としても、すごかった。
    この物語を、この作中に出てくる人々を、甘やかさず、しかし希望を持って書くことはどんなに大変だったか。

    でもそれは、若木さんを生かしたのだろうと思う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    言葉にならない。けど。ここまで見られてよかった。
    とりあえずいろいろびっくりしたり揺さぶられたりしたけど、藤谷さん良かったね。って思った。
    やっぱりなんというか私にとってこれって、特別、らしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています