戦略「脳」を鍛える―BCG流 戦略発想の技術

戦略「脳」を鍛える―BCG流 戦略発想の技術

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

戦略「論」は後講釈、つまり学問にすぎない。ビジネスの実践で勝つための戦略は「ユニークさ」が必要。本書ではユニークな発想を生み出す「頭の使い方」を解説。

【主な内容】
第1章 インサイトが戦略に命を吹き込む
第2章 思考の「スピード」を上げる
第3章 三種類のレンズで発想力を身につける
第4章 インサイトを生み出す「頭の使い方」を体験する
第5章 チーム力でインサイトを生み出す

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
東洋経済新報社
ページ数
194ページ
電子版発売日
2015年02月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

戦略「脳」を鍛える―BCG流 戦略発想の技術 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年10月16日

    大変参考になる本。
    一般的に語られている経営戦略は過去の成功事例を「後講釈で定跡化」したもの。プロ同士の戦いにおいてはそのような定石・定跡をしった上で新しい戦い方を作り上げる「プラスアルファの能力」を身につける必要があるとし、そのプラスアルファの能力を"インサイト"と定義して解説...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月12日

    さすが、ボストンコンサルティンググループ所属(当時)の著者による書籍。
    言葉で説明するのが難しい思考法を、式や具体例、練習問題などをうまく交えて伝えてくれます。とても分かりやすい、というか分かった気にさせてくれます。

    思考のスピードの部分、特にパターン化やシャドウボクシングの考え方は、自身の仕事に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月22日

    BCG日本代表(発行当時)による「頭の使い方」の本。
    頭の使い方は、大きく「具体と抽象を行き来する力(MECE、So what?、Why so?等の考え方を徹底するもの)」と、「発想の幅広さ」の2つに大別されると理解しているが、この本は後者を鍛えるもの。
    今まで前者を扱う本ばかり読んでいたので、後者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月20日

    定石の戦略に+α (=インサイト)を加える思考術を説いた本

    ■インサイト = 思考スピード + レンズ
    ①思考スピード
    ・要素 = 右脳(パターン認識+グラフ思考) + 左脳(シャドーボクシング)
    ・パターン認識
      └コスト/顧客/構造/競争/組織 の視点
    ・グラフ思考
      └構...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月02日

    ボストン・コンサルティングでの戦略の作り方の本。
    王道の戦略から着想を経て、自分のインサイトで戦略の幅を広げていく考え方は面白かった。
    広いレンズ/狭いレンズ/ひねりレンズの考え方は普段の仕事にも応用できそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月26日

    ある程度訓練された人が読まないとあっさり流される可能性が高い内容だろう
    逆にある程度訓練された人にはシンプルだが深い内容

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月02日

    ★深みよりはシンプルさ★難しいことを簡潔に示すのがコンサルタントの技量なのだろう。そういう点で古いながらもすっきりする本だ。備忘録として本のエッセンスを。

    ・ユニークな戦略=定石+インサイト
    ・インサイト=スピード+レンズ
    ・スピード=(パターン認識+グラフ発想)*シャドウボクシング

    ・パターン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月15日

    ・スイッチングコスト、ロイヤリティ、ブランド(顧客が自社の商品から他社品に乗り換えるコストを高めることで顧客のロイヤリティを高める
    ・マーケティングの究極の目標は「人のイヤな気持ちを知ること」。消費者ニーズよりも来んプレインの中に商売の手がかりがある
    ・ユーザーになりきって、物をどのように購入してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月13日

    WBSで2013年度までコメンテーターをされていた御立尚資さんの著書です。
    御立さんはWBSでは数多くの名声のあるコメンテーターの中で際立って説得力のある見解が面白く、小宮アナのきつい突込みも鮮やかに返す姿が印象的でした。
    そんな御立さんに興味があり本著書を読んでみました。コンサルタントとして仕事を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月14日

    研修講師にご紹介頂いたBCG御立さんの書籍。具体例が示してあり、非常に理解しやすい。「ユニークな視点」が勝てる戦略となり、そのユニークさは「インサイト」から生まれる。インサイトとは、「戦略の定石+αを生み出す力」と定義される。ホワイトスペース/拡散(発展)/平均を大きく外れたところ(いい意味でも悪い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています