「ミライの兆し」の見つけ方

「ミライの兆し」の見つけ方

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

悲観論が広がる時代でも「明るい将来シナリオ」は、知識と視点次第で見つけられる
世界経済からアートまで、森羅万象をユニークな視点で斬る
BCG流『正確な千里眼』のための戦略思考

今の世の中、将来の危険を知らせる情報があふれています。
「AIの進化に伴って、今、存在する職業の多くはなくなってしまう」「人口減少が進み、日本の相対的国力は低下し続ける」など。

ネットから新聞、書籍等の既存メディアまで、警告を発信し続けています。
当然、その中で不安に駆られる人は増え続けます。しかし、悲観的な将来シナリオしか存在しないのでしょうか。不安に駆られて焦燥するしかないのでしょうか。

「そうは思わない」と断言する筆者は、「より良い未来というオプションは、しっかり存在し、その実現に向けて我々自身が取り組めば、明るい将来シナリオが現実化する確率が高まる」と言います。
そのためには、重要な知識を獲得し、取り組むべき課題を選び出せるようになって、「未来の芽生え」を見つけ出すことが必要だと説きます。その道案内となるのが本書です。
ボストンコンサルティンググループの日本代表、同グローバル経営会議メンバーを歴任した筆者が、今世の中で起こっていることを読み解いていきます。
筆者が2年あまりをかけて「日経ビジネス電子版」に連載したコラムの中から厳選して再編集しました。すでに過去の"予言"が実現している事象もあり、筆者の分析力の高さ、視点の鋭さが感じられます。

ソフトな経営書としても、生活に潤いを与えるエッセーとしてもお読みいただけるはずです。

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年09月26日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

「ミライの兆し」の見つけ方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月07日

    コラムを1冊にまとめたせいか、テーマが拡散した印象。各テーマで通底したものがあれば良かったのにと思う。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年12月29日

    御立尚資さんの久々の著作。
    よきほん。、テーマの1つにアート。テクノロジーがある。他米中問題。歴史に学ぶことの重要性を教えてくれる。個人的に御立さんの本は非常に教養深く学ぶところが多くて好き。
    ROAやroicといった経営指標に関する議論1つをとっても、資産を作り上げた経営者と果実享受する経営者が必...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています