コハダは大トロより、なぜ儲かるのか?

コハダは大トロより、なぜ儲かるのか?

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』の第3弾。舞台は中堅アパレルメーカーのハンナ。社長の矢吹由紀、製造部長の林田達也、経理課長の木村真奈美の3人が、それぞれに会計と経営に関する知恵を出し合い、問題を解決して、経営危機を脱していくというストーリー。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
272ページ
電子版発売日
2015年02月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

コハダは大トロより、なぜ儲かるのか? のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年08月18日

    シリーズ3作品目
    いつもながら使えないやつ登場だなと思いつつ読みましたが、
    今回は前作で出た内容の復習 実践編でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月01日

    餃子屋と高級フレンチではどちらがもうかるか?を以前読んで、このシリーズを手に取った。
    正直、前作をしっかり理解できておらず、会計の基本も身に着けていない私には、この本も理解をするのが難しかった。
    全体的な流れの中で財務のなんたるかを感じることはできた。

    なんといってもこのシリーズは一つの物語になっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月05日

    堂々のシリーズ3作目。今回も物語+管理会計について分かりやすく楽しく読める内容になっている。
    利益ではなくキャッシュフローの重要さが書かれている。
    今のところ、林さんの作品に外れはないですw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月10日

    管理会計を流行りの小説仕立てて概説していくシリーズ第三弾。読者はアパレルメーカの経営者の視点で、平易に読み進めることができる。電車の中でさらりと読める内容の軽さ。面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月13日

    内容はある赤字の服飾品メーカーの経営をめぐって、
    女性社長が様々な助言や様々な意見を聞き、悩みながら解決していく物語となっています。この本のポイントは「仕掛品」に費やしているキャッシュフローの重要さです。
    P/Lだけで判断しがちな儲けですが、キャッシュフローの観点から見たときにどうなるかということを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月09日

    急逝した父の後を継いだ女性社長が会社内の問題、特に製造工場の問題・課題について悩み・解決して会社の業績向上に頑張っていくストーリーが読みやすい。 会計資料に隠された真実を見極めることの重要さと、そこから見えてくる問題点の改善など、数字をもとにしながらも数字に惑わされないようにするための事がわかりやす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月17日

    「餃子屋と高級フレンチ」では固定費と限界利益率による損益分岐点売上の分析が行われたが、今回は固定費を圧縮した場合の、損益分岐点売上の動きについてという動態的な分析があった。それに加え、Jコスト理論という、在庫を圧縮することによる現金使用量の2乗での削減効果について記載があった。物語は由紀がすっかり成...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月20日

    再び経営の危機に陥った会社をどう立て直すか。シリーズ第3弾。工場には現金が眠っていることに気づき、モノやおカネをスムーズに流すために工夫をする。棚卸しや仕掛品、在庫回転率についてがよくわかる。ちょっと難しくて??のところもあったから、もう一回読んでみよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月09日

    前々作、餃子と高級フレンチでは…に続く会計に関して分かり易くストーリー仕立てでまとめられた一冊。またもアパレル会社・ハンナを襲う経営問題。他社のM&Aの分析や、TOCから見た仕掛在庫圧縮による、キャッシュ捻出によるキャッシュフロー改善、利益の持つ意味、良い利益と悪い利益とはを分かり易く説明。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月09日

    昨年のリーマンショック以降「100年に一度の恐慌」と喧伝されて、現在もなお不況のまっただ中にあります。先日米連邦準備制度理事会(FRB)が景気底入れ宣言をしましたが、なお予断が許されない状況にあります。

    今回の恐慌の原因の一端を担った巨大証券会社・投資銀行「リーマン・ブラザーズ」。包括利益が400...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング