日本の津波災害

日本の津波災害

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

津波(Tsunami)が国際的な用語になるほど、日本列島は昔から津波の被害を受けてきた。日本書紀に記された最古の津波から、2011年の東日本大震災まで──印象的なエピソードを交えながらたどる津波災害の日本史。津波のメカニズムや特徴、津波災害のこわさ、過去から学びうる教訓を説く。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波ジュニア新書
シリーズ
岩波ジュニア新書シリーズ
ページ数
214ページ
電子版発売日
2015年01月23日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
11MB

日本の津波災害 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年12月14日

    日本って、本当に津波多いんですね・・・。
    私は海とは遠いところで育っているし、
    初めて体験した大きな地震が阪神大震災で、
    津波被害のない地震だったから、
    地震!=津波、ってすぐ思い浮かばなかったんですよ。
    だから3.11の時は、津波ってこんな恐ろしいことになってしまうんだ・・・って。

    本書では、過...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月04日

    日本書記に記された最古の津波から、東日本大震災まで、「津波災害とのつきあい」だった日本の歴史をたどる本。東日本大震災の時に「未曾有の天災」「1000年に一度」のような語られ方をしばしば目にした。それはむしろ「もう(少なくとも自分の生存中には)津波は来ないだろうという願望のこもった形容だったのかもしれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

日本の津波災害 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

岩波ジュニア新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング

伊藤和明 のこれもおすすめ