歴史を塗り替えた 日本列島発掘史

歴史を塗り替えた 日本列島発掘史

作者名 :
通常価格 2,090円 (1,900円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

岩宿遺跡の旧石器発見や登呂遺跡の発掘に代表される戦後考古学の成果の数々―その歴史的瞬間を目撃してきた著者だからこそ語ることができる、日本を揺るがした考古学の大発見!
【目次】
第1章 列島の黎明期 [旧石器~弥生時代]
日本列島初の石器時代の遺跡発見 岩宿遺跡への挑戦
急速に進んだ旧石器時代研究の歩み 岩宿に続く武井遺跡
考古学をめぐる重大事件1 旧石器ねつ造事件と発掘の歪み
誰も足を踏み入れたことのない米軍基地へ 夏島貝塚の発見
戦後の日本人を力づけた弥生のムラ よみがえる登呂遺跡
輪郭を持ちはじめた神話の国・出雲 荒神谷・加茂岩倉遺跡の青銅器
第2章 権力の誕生 [古墳時代]
大量の鏡片と巨大銅鏡はなにを語るのか 平原墳丘墓の鏡
沸騰する邪馬台国問題の鍵を握る巨大古墳の真実 ホケノ山古墳の年代
次々に出土する鏡はどこで造られたのか 椿井大塚山古墳の三角縁神獣鏡
百年に一度の大発見といわれた銘文 稲荷山古墳の鉄剣
若き被葬者の金銅冠と、押し寄せる開発の波 三昧塚古墳の危機
巨大な前方後円墳・方墳が示す東国の古墳時代 龍角寺古墳群と大和政権
石室の扉の向こうに見えた赤い円文 虎塚古墳の壁画
考古学をめぐる重大事件2 高松塚古墳の壁画劣化事件と古墳の保存

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
中経出版
電子版発売日
2015年01月10日
紙の本の発売
2014年12月
サイズ(目安)
8MB

歴史を塗り替えた 日本列島発掘史 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年03月21日

    日本の戦後考古学の動きがわかる一冊。遺跡の保存法は難しい課題ですね。高松塚古墳の飛鳥美人の壁画のケースだと、1300年も密封状態で石室内にあったものが二十世紀の外気に触れてしまうんですからね…

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています