世界最強の商人

世界最強の商人

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ハフィッドは師から成功の秘訣が書かれた10巻の巻物を譲られる。教えを守り成功したハフィッドは巻物を継ぐ人物を密かに待ち受ける。現れた青年とは……。人生成功の原理をわかりやすく説く大人の寓話。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外文学
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年12月02日
紙の本の発売
2014年11月
サイズ(目安)
1MB

世界最強の商人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月14日

    とても当たり前のことを言っているがなかなかできないことを改めて考えさせてくれる一冊。とても素敵な本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月13日

    11月13日

    この本の中の巻物の第1巻を読み始めた。

    この本はどの本よりも
    自己啓発させてくれる本だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月14日

    この本の著者であるオグ・マンディーノ氏は、とても有名な自己啓発本の作家で、代表作として「この世で一番の奇跡」があります。
    本作では、人生の成功に必要な原理原則を、分かりやすく説いています。

    例えば、
    「もし、成功しようとする決意が十分に固まれば、失敗する事は無い」
    と、成功するには覚悟がとても大事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月02日

    しまいに 泣いた。
    惨めな時間も 思い出し 最後に 感動で 泣けた。
    一人で 何かに 立ち向かおうとする時 
    この本が 勇気を与えてくれた。
    読んで 良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月17日

    ビジネスで成功する為の秘訣が物語風に描かれています。
    内容としては、他の自己啓発本でも書かれている様なものなのですが、上記の通り物語風でとても読み易いです。やっぱり、”行動する”事が重要なんですよね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月01日

    セールスマンとして成功するためには何が必要なのか巻物にから学ぶことができる。

    毎日時間を無駄にせず今日1日を生きる、失敗を成功の鍵にするなど、どこかで聞いたことがあるがやり遂げることが普通の人にはできないから成功者は数少ないと感じた。

    今すぐに全てをやろうとするのは無理なので、何回も読み直し、1...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月20日

    人生で大切なことを伝える本って色々あると思いますけど、これは短くストーリーを交えて説明されていて、面白かった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月29日

    読む前にキリスト教について少しの知識があると物語としても十分に楽しむことができる。経営に関しての自己啓発本だが、目標に向かって挑戦するときに必要な姿勢がこの本に書かれている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月03日

    一部、日本語訳がわかりづらい箇所あり。それでも読み進めることはできます。自分の意識改善を目的に書かれているようです。手元において、何度も読み返すタイプの本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    "ビジネスに関わる全ての人の心得。
    営業のみならず、お客様というべき相手がいる全ての人への指南書。
    1~10の巻物の教えを毎日実践すること。
    さすれば、目指すものに近づけること間違いなし。"

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています