中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界

中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

音に託された意味の変化から中近世の日本社会を読む。中世において誓いの場や裁判の場で撞かれていた神聖な鐘は、次第に日常的な音になり、危険や時刻を知らせる役割を果たすようになった。神の世界と人間をつなぐ音から、人間同士をつなぐ音へ。その変遷を、史料に加え民俗学の成果も多分に用いて考察する。記録には残りにくい当時の人びとの感性や感覚を追うことで、中近世の社会・文化を描き出す。(講談社学術文庫)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社学術文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2014年11月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年09月17日

    着眼点にまず感心、感動する。
    鐘(寺、仏壇、乞食等)の音に対する民衆の意識、あるいは死生観のようなものを知りたくて手に取ったが、とても面白く読めた。

    民俗学だと地域伝承や口碑伝説に頼らざるを得ない考察も、鐘ならば歌人詩人らが多く歌っているし、彼らの足跡を追えば時代背景も分かる。とても調査しやすそう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています