アイドル国富論―聖子・明菜の時代からAKB・ももクロ時代までを解く

アイドル国富論―聖子・明菜の時代からAKB・ももクロ時代までを解く

作者名 :
通常価格 1,296円 (税込)
紙の本 [参考] 1,620円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

☆一冊でアイドルの基本がわかる!
 メディアとの関係、アイドルを生み出す方法の変遷、芸能プロダクションというビジネスモデル。
 「見出すゲーム」「支えるゲーム」「育てるゲーム」というアイドル消費の根幹。
 古典的アイドルから現代アイドルまでを、それを支える仕組み・環境を含めて徹底的に論じる。

☆アイドルがわかれば日本経済がわかる!
 アイドルと日本経済に相関関係があることは、「アイドルの時代」を景気循環に重ねて見れば一目瞭然だ。
 アイドルブームは戦後経済成熟期と現代、つまり「行き詰まった」時代に起こっている。
 では、行き詰まった時代の人々がアイドルを求める理由とは? 日本経済の来し方行く末とは?

☆東浩紀氏推薦!
 「アイドルがいまなぜ支持されるのか、ようやくわかった。
  半世紀の歴史を踏まえ、文化論と産業論を統合する“現代アイドル論の決定版”」

AKBグループ、ももいろクローバーZ、モーニング娘。、そして、あまたのアイドルがしのぎを削るアイドル戦国時代。
いまこそアイドルを、その起源にさかのぼって考えよう!
本書では、エンターテインメント産業の研究者にして現職官僚である著者が、文化・産業、そして経済・社会、二つの視点から「アイドル」に迫る。


【本書で取り上げるアイドルたち】
映画スターの時代を経て70年代に生まれたアイドルたち。
南沙織から山口百恵、キャンディーズからピンクレディー、そこに満を持して現れ、80年代アイドルブームの中心に立った松田聖子。
また、河合奈保子、中森明菜、小泉今日子といった聖子のライバル達。
そして、時代を作ったグループアイドル、おニャン子クラブ。
90年代、冬の時代の後にやってきた現代アイドルの時代。
AKBグループ、ももいろクローバーZ、モーニング娘。を軸に、PerfumeやBABYMETALからローカルアイドルたちまで、もはや挙げればきりがない。


【主な内容】
はじめに アイドルからこの国を考えよう
第一章 アイドルのメディア産業論
第二章 アイドルの消費論
第三章 アイドルの進化論
第四章 アイドルの国家論
第五章 アイドルの世界平和論

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年10月10日
紙の本の発売
2014年10月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2015年03月23日

 日本アイドルの変遷と社会の変化の関連を読み解く。

 この本はマッチョとヘタレという対立軸を基にアイドルと社会の変化を結びつけていってるのだが、アイドルだけ見ても社会の変化だけを見てもなるほどと膝を突くことが多く、感心しっぱなしだった。
 なぜぱっとみ可愛くない子がアイドルとして成立するのか、なぜ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月07日

80年代アイドルの活躍した時代から、90年代の「アイドル冬の時代」を経て、モーニング娘。やAKB48、ももいろクローバーZといったグループが乱立し「アイドル戦国時代」とも称される現代に至るまでの歴史を、日本経済の変化から解き明かす試みです。

現代のアイドルを支持している人びとは、グローバル資本主義...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月27日

なるほどと思わせるところがたくさんあった。
ただし、難しい熟語が多く、文章が硬いので読みにくい人も多いかも。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「アイドル国富論―聖子・明菜の時代からAKB・ももクロ時代までを解く」に関連する特集・キャンペーン