ルナティック・ムーンV
  • 値引き
  • 最新刊

ルナティック・ムーンV

作者名 :
値引き価格 234円 (213円+税) 5月26日まで
通常価格 781円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

“稀存種”を供犠に世界を崩壊させ、再び“純血種”のみの世界を創世しようとするエデンの計画―。 ルナとシオンは生き延びるため、決して受け入れることのできない計画を阻止すべく旅路を急ぐ。 一方、完全なる破滅を願うロイドは、バベルに対して総攻撃を開始した。抗えない潮流の中、個々の思惑はそれぞれの意志を孕み、引き返せない混乱の渦を巻く。そして過去と未来は交錯し、血で血を贖う殺し合いを産む―。 斃れ逝くその果てに、生き延びたその先に、彼らが掴むのは、虚無か、それとも未来か…?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
シリーズ
ルナティック・ムーンシリーズ
電子版発売日
2014年10月04日
紙の本の発売
2005年04月
サイズ(目安)
7MB

ルナティック・ムーンV のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年02月16日

    遂に最終巻です。
    嬉しくもあり、寂しくもあります。
    思い入れが強いだけに、気持ちも複雑でした。

    最後まで兎に角ハラハラしました。
    最後の最後の方など、
    「もう僅かしかペエジが残っていないのにどうなってしまうの!?」
    と心からハラハラしました。
    物語は此れで終わりましたけれど、其れは最期ではありませ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    シリーズ最終巻。

    楽園の崩壊。

    7人の<希少種>とは?


    最終局面でのシオンの戦いは本当に良かった。

    ラストは意外でしたが、満足はしたので、良かったと思います。

    1,2巻ではあまりに暗くて、グロイ話であったので、切ろうかと思っていたけど、後半は本当に面白かったです。

    次回作も期待です。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    これは高校生の時(4年くらい前)に読んだものなのですが、絵と内容共に好きだった本なので本棚に入れておきたいと思います。表紙は最終巻のものですが、全5巻です。
    内容は1巻からして登場人物の半分以上が死ぬくらいで結構病んだ感じなのですが、最後は少なくともバッドエンドではないので安心して(?)読めると思い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ルナとシオンの話もこれでとうとう最後になった。

    子供だったルナとシオンが少しずつ成長する話、でいいのだろうか?
    住まいが、仲間が、世界が、壊されていく中で、ルナとシオンは互いに大切なものを見つけて、ちゃんと手に取ったんだよ、という終わり方だった。
    壊れかけた世界で、少年少女がそれでも前を見て生きて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ルナティック・ムーン のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • ルナティック・ムーン
    値引き
    194円(税込)
    機械都市バベルの下に広がるスラムに、一人の少年がいた。名を持たず、変異を持たず、見えるはずの無い“月”を空に探す少年…。 そして、少女がいた。腕に変異を持ち、人類の“純血種”を守るために異形の生物達と戦うウェポンとして…。 世界が“混沌”に包まれて数百年―。人類は前時代の遺産「過学」の庇護のもと、戦闘能力に長けた“変異種”と呼ばれる人々を管理し、荒廃した大地で異形の生物の影に怯えて暮らしていた。 だが、やがて少年と少女が出会うとき、世界は静かに変革の扉を開き始める…。
  • ルナティック・ムーンII
    値引き
    第4の「稀存種」としての能力に目覚め、機械都市バベルでケモノ殱滅のためのウエポンとして慣れない生活を始めたルナ=イル。 そして、前回の戦闘で負傷したため、降格してしまった変異種の少女シオン。 二人は共に真の能力を発揮できず、苦悩の日々を送っていた。だが、その背後では、彼らが護るべき「村」とエデン本部とを同時に襲う大きな異変が起こりつつあった…。 かつてエデンに存在していた「繭」の力とは?そして、その影に蠢く新たな「稀存種」とは?
  • ルナティック・ムーンIII
    値引き
    森に佇む屋敷の中で、三人の変異種少女が暮らしていた。特殊な趣味を持った人々に売られるために…。 だが、彼女たちの日常は、森に現れたケモノを殲滅するため、機械都市バベルからウエポンが派遣されたことにより崩れていく。そのウエポン達を排除すべく、純血至上主義組織「フルブルー」のメンバーが屋敷に向けて派兵されたのだ。 さらにそこには、前回エデンを危機に陥れた「繭」の遣い手の影が…。そして、巻き起こる混乱の中、人類が未だ見ぬ“第五稀存種”が覚醒を果たす!
  • ルナティック・ムーンIV
    値引き
    機械都市バベルの深層に隠された有機溶媒のプール。その水面を揺らしながら一人の少女が浸っていた。半ば狂気に犯された少女―。だが、彼女こそが、かつて地球を荒廃に導いた“融合”の能力を持つ“稀存種”だった…。 一方、ルナとシオンは作戦行動中、ロイドに捕らわれ、第3稀存種エンダの元に連れていかれる。そして、エンダから驚愕の真実を聞かされることに…。 果たして、バベルは7人の“稀存種”を使い何を行おうとしていたのか!?バベルが秘す真の目的とは何か!?
  • ルナティック・ムーンV
    値引き
    234円(税込)
    “稀存種”を供犠に世界を崩壊させ、再び“純血種”のみの世界を創世しようとするエデンの計画―。 ルナとシオンは生き延びるため、決して受け入れることのできない計画を阻止すべく旅路を急ぐ。 一方、完全なる破滅を願うロイドは、バベルに対して総攻撃を開始した。抗えない潮流の中、個々の思惑はそれぞれの意志を孕み、引き返せない混乱の渦を巻く。そして過去と未来は交錯し、血で血を贖う殺し合いを産む―。 斃れ逝くその果てに、生き延びたその先に、彼らが掴むのは、虚無か、それとも未来か…?

ルナティック・ムーン の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

電撃文庫 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング