ルナティック・ムーン

ルナティック・ムーン

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

機械都市バベルの下に広がるスラムに、一人の少年がいた。名を持たず、変異を持たず、見えるはずの無い“月”を空に探す少年…。 そして、少女がいた。腕に変異を持ち、人類の“純血種”を守るために異形の生物達と戦うウェポンとして…。 世界が“混沌”に包まれて数百年―。人類は前時代の遺産「過学」の庇護のもと、戦闘能力に長けた“変異種”と呼ばれる人々を管理し、荒廃した大地で異形の生物の影に怯えて暮らしていた。 だが、やがて少年と少女が出会うとき、世界は静かに変革の扉を開き始める…。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2014年10月04日
紙の本の発売
2003年09月
サイズ(目安)
7MB

ルナティック・ムーン のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年02月18日

    全5巻
    自分であること
    意志を貫き通すこと
    人間じゃなくても共に歩めるということ
    退廃世界に月と魔女

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月16日

    「混乱」以降荒廃した世界の更にスラムに住む、
    名前を授けられる事の無かった少年イルの物語。
    仲間に殺されかけた所で特異な能力が目覚め、
    真実を知る為、エデンと云う組織に所属する事を決める。

    文章も雰囲気も非常に私好みです。
    そしてイラストも翳っていて繊細でとても綺麗。
    物語もイルやシオンの心情に惹...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    表紙買いしたが気づけば虜に以下略
    これは文章書きとしてかなり影響を受けた一冊です!
    貼られた伏線も多くて、はらはらしながら続きを待ったものです!
    世界観もかなり特殊で、私の貧相な脳に多くの単語を詰め込んでくれました!
    個人的に第三稀存種であるエンダ=カーラさんが気になります!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    これ、読み出すと止まらん。全巻持ってます。
    心情とか情景とか、とにかくすごい。
    夜中、ひとりで号泣した覚えが・・・。
    好き嫌いがわかれそうですが、グロイのが好きな方にはオススメです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    近未来の世界での話です。少しグロイ表現もあって、読み方が難しいものもありますが、私は気に入っています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    全巻持っています。
    主人公の少年―ルナの悲痛な運命の中にある出逢いと別れに涙せずには居られない物語となっております。
    藤原さんの作品はグロイのが多いのですが、世界観やキャラクターの設定などにはとても惹き付けられるます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    大切なものが容赦なく失われていく様子の描写が、読み手に痛々しさを感じさせるほど上手いです。よくありがちな荒廃した近未来の話ながらも独特の雰囲気・世界観を持った作品でした。個人的には特に、父親が最期に父親らしくあったシーン、ルルが主人公に本当の名前を告げるシーンはグッっときた…。展開が速くてあれよあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月13日

    雰囲気のある小説。いい意味で厨二病。文明崩壊後の混沌とした世界、使いきれない過去の文明の遺物、隔離された都市と発生するスラム、身体能力を使った近接戦、などがキーワード。一人の少年が、自身を謎に思い、生い立ちを知り、家族や友人を失い、力に目覚める物語。物語に沿って世界観がごく自然に示される。
    第9回電...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ダークファンタジーアクションもの。

    これは暗い過ぎる。始まりも、中盤も、終わりも何もかもが絶望的な世界観。

    でもこんな世界観は俺は好きなんだよな。

    このレビューは参考になりましたか?

ルナティック・ムーン のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • ルナティック・ムーン
    649円(税込)
    機械都市バベルの下に広がるスラムに、一人の少年がいた。名を持たず、変異を持たず、見えるはずの無い“月”を空に探す少年…。 そして、少女がいた。腕に変異を持ち、人類の“純血種”を守るために異形の生物達と戦うウェポンとして…。 世界が“混沌”に包まれて数百年―。人類は前時代の遺産「過学」の庇護のもと、戦闘能力に長けた“変異種”と呼ばれる人々を管理し、荒廃した大地で異形の生物の影に怯えて暮らしていた。 だが、やがて少年と少女が出会うとき、世界は静かに変革の扉を開き始める…。
  • ルナティック・ムーンII
    第4の「稀存種」としての能力に目覚め、機械都市バベルでケモノ殱滅のためのウエポンとして慣れない生活を始めたルナ=イル。 そして、前回の戦闘で負傷したため、降格してしまった変異種の少女シオン。 二人は共に真の能力を発揮できず、苦悩の日々を送っていた。だが、その背後では、彼らが護るべき「村」とエデン本部とを同時に襲う大きな異変が起こりつつあった…。 かつてエデンに存在していた「繭」の力とは?そして、その影に蠢く新たな「稀存種」とは?
  • ルナティック・ムーンIII
    森に佇む屋敷の中で、三人の変異種少女が暮らしていた。特殊な趣味を持った人々に売られるために…。 だが、彼女たちの日常は、森に現れたケモノを殲滅するため、機械都市バベルからウエポンが派遣されたことにより崩れていく。そのウエポン達を排除すべく、純血至上主義組織「フルブルー」のメンバーが屋敷に向けて派兵されたのだ。 さらにそこには、前回エデンを危機に陥れた「繭」の遣い手の影が…。そして、巻き起こる混乱の中、人類が未だ見ぬ“第五稀存種”が覚醒を果たす!
  • ルナティック・ムーンIV
    機械都市バベルの深層に隠された有機溶媒のプール。その水面を揺らしながら一人の少女が浸っていた。半ば狂気に犯された少女―。だが、彼女こそが、かつて地球を荒廃に導いた“融合”の能力を持つ“稀存種”だった…。 一方、ルナとシオンは作戦行動中、ロイドに捕らわれ、第3稀存種エンダの元に連れていかれる。そして、エンダから驚愕の真実を聞かされることに…。 果たして、バベルは7人の“稀存種”を使い何を行おうとしていたのか!?バベルが秘す真の目的とは何か!?
  • ルナティック・ムーンV
    781円(税込)
    “稀存種”を供犠に世界を崩壊させ、再び“純血種”のみの世界を創世しようとするエデンの計画―。 ルナとシオンは生き延びるため、決して受け入れることのできない計画を阻止すべく旅路を急ぐ。 一方、完全なる破滅を願うロイドは、バベルに対して総攻撃を開始した。抗えない潮流の中、個々の思惑はそれぞれの意志を孕み、引き返せない混乱の渦を巻く。そして過去と未来は交錯し、血で血を贖う殺し合いを産む―。 斃れ逝くその果てに、生き延びたその先に、彼らが掴むのは、虚無か、それとも未来か…?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

電撃文庫 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング