もるもくん1 ふしぎなもるもくん

もるもくん1 ふしぎなもるもくん

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

浮かない顔で登校する一年生の頭に、とつぜん空から「もるもくん」が降ってきた! すると不思議や不思議、なんだか楽しい「もるもな」気分。学校でも、もるもくんを見れば、みんなウキウキ。 理科室の骸骨が踊りだし、音楽室は大合唱、保健室にいた子も元気になって、全員ぞろぞろ、もるもくんのあとについてくる。ついには学校中の人が集まってきて、全員参加の玉入れ大会でもう大騒ぎ! 読めば必ずハッピーになる、賑やかで楽しい幼年童話。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / よみもの
出版社
偕成社
ページ数
72ページ
電子版発売日
2014年09月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

もるもくん1 ふしぎなもるもくん のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年11月18日

    もるもくんがふってきました。一ねんせいのあたまにとまりました。あめもふってきました。もるもくんをあたまにのせた一ねんせいは、もるもなきぶん。あめもへっちゃらです。
    もるもくんがピョンと飛び乗ると、みーんなハッピーになっちゃうんです

    もるもな気分って何だ?そんなことは考えてはいけません。もるもくんを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月01日

    雨とともに降ってきたもるもくん。一ねんせいをはじめとして、どんどん学校中の人を「もるもなきぶん」にしていく。やけになったのかと思うほどの単純さと明るさ。一年生向け。3分で読める。

    このレビューは参考になりましたか?

もるもくん のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • もるもくん1 ふしぎなもるもくん
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 浮かない顔で登校する一年生の頭に、とつぜん空から「もるもくん」が降ってきた! すると不思議や不思議、なんだか楽しい「もるもな」気分。学校でも、もるもくんを見れば、みんなウキウキ。 理科室の骸骨が踊りだし、音楽室は大合唱、保健室にいた子も元気になって、全員ぞろぞろ、もるもくんのあとについてくる。ついには学校中の人が集まってきて、全員参加の玉入れ大会でもう大騒ぎ! 読めば必ずハッピーになる、賑やかで楽しい幼年童話。
  • もるもくん2 ゴーゴーもるもくん
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 庭で一人で遊んでいる、浮かない顔の1年生。そこへ突然ホースから、「もるもくん」が出てきたら…たちまちユーウツふきとんで、なんだかウキウキ「もるもな気分」! 家をとびだし町を歩けば、隣のおじさんは踊りだし、おまわりさんが笛をふきならし、自転車もバスにとびのって、ハッピーな大行進が町をぞろぞろ。とうとう海までたどりつき、大きなクジラの上でお祭り騒ぎの始まりです! 日本中のユーウツや不機嫌をふきとばす、賑やかで楽しい幼年童話。
  • もるもくん3 どんどんもるもくん
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 スキー教室に参加している1年生。でも上手に滑れないし、先生が怖くてあんまり楽しくないみたい。そこへやってきたのは、もるもくん。すると、あら不思議。落ち込む気持ちはどこへやら、すっかりもるもな気分になって、スキーはポイッ。雪山探検にでかけます。追いかけてきたスキーの先生だって、もるもくんが頭に乗ればもうウキウキ。一緒にそりにのってレッツゴー! 途中、雪山にすむあんな動物やこんな人まで道連れにして……。ジェットコースターのような展開で、一人でもグイグイ読める幼年童話。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています