サバイバル! ――人はズルなしで生きられるのか

サバイバル! ――人はズルなしで生きられるのか

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本海から上高地へ。200kmの山塊を、たった独りで縦断する。持参する食糧は米と調味料だけ。岩魚を釣り、山菜を採り、蛇やカエルを喰らう。焚き火で調理し、月の下で眠り、死を隣りに感じながら、山や溪谷を越えてゆく―。生きることを命がけで考えるクライマーは、極限で何を思うのか?その洞察に、読者は現代が失った直接性を発見するだろう。“私”の、“私”による、“私”のための悦びを取り戻す、回復の書。驚異の山岳ノンフィクション。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
ページ数
254ページ
電子版発売日
2014年09月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

関連タグ:

サバイバル! ――人はズルなしで生きられるのか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月05日

    東京大丸の書店で見かけて。ズルをしないで生きる、山登りという特殊な行為から人生全般に敷衍するまとめの部分は、強引ながら共感してしまう。しかし山登りの話はなぜこんない面白いのだろう。風呂を借りるのを断られたり、情けない部分も◎。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月23日

    サバイバルな登山とは何か。著者の私生活がサバイバルなのかははっきりしないが、今やブーム化された登山スタイルに対する徹底抗戦の精神が清々しい。
    特に、第一章の日本海から上高地までの200キロの単独行は読み応え抜群だった。ほとんどの装備を持たず、食糧は現地調達で蛇や蛙、野草に岩魚を食す。危ない思考回路だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月02日

    サバイバル登山家「服部文祥」のエッセイ。
    前半は紙上サバイバル登山、後半は著者の道具解説等。
    前半のほうが圧倒的に面白い!

    この本は、山ヤならではの活動記録なので、ロープを使う登攀、沢登り、山スキー等の登山をやっているとより楽しめ、また、北アの山地名や沢の難所等を随所にイメージできるとなお楽しめる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月02日

    この本に書いてあること、作者が編み出したサバイバル登山は、「山に登ること」の目的がよく表現されている。それは、生死の境目で自分の能力・判断をぎりぎりに試すこと、そこから生きている感覚を得る。ということ。

    ただし、タイトルにもある「ズルなし」や「フェア」という表現には言葉の意味することとはずれた作者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月05日

    「人生はマナーでできている」の中で「ベジタリアンとひと口に言っても、様々でややこしいんです」(88頁)、肉は食べないが、魚は食べる(ペスコ・ベジタリン)。肉、魚は食べないが、卵や乳製品はとる(ラクト・オボ・ベジタリアン)…などなどと書かれており、登山とひと口に言っても…という印象を持ちました。装備を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月09日

    遭難するかもしれないという可能性がなければ登山ではない。装備を最小限にして自らの力で入山しルートを拓いていく。それが筆者のいう『ズルしないで』登山すること。
    最後の章でフリークライミングと人工登攀について触れている。何の装備もなく壁を登れば墜落は死を意味する。そんな緊迫した中に身を置くことで見えてく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月11日

    物を極力持たず、自然界で生き抜く様を書いてはる。
    へぇ。こんな生き方もあるんだねぇ。
    読み物として面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月04日

    「恒常的なゲストという人生に何の魅力があるのか、私にはまったくわからない。」

    と、表紙にあるが、思ったよりワイルド過ぎもせず、人間味あふれる内容で読みやすかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月17日

    「本の雑誌」杉江さん激賞の一冊だけれど、やはり自分にとってはまったくの守備範囲外だった。アウトドアとか冒険ものの本って、好きな人が読んでこそ面白いものと、門外漢が読んでも興味深いものがあると思うが、これは前者だなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月26日

    サバイバル登山の定義は少し難しい所だが、著者である服部文祥氏によると、自分が許す可能な限り軽量な装備で、食料を現地調達しながらする登山、と言った感じだろうか。

    本作には服部氏が実際に行った、北アルプス単独縦断11日間の記録が紹介されている。主食である米や、現地調達が不可能な基礎調味料類は持って行く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています