高知・龍馬 殺人街道

高知・龍馬 殺人街道

作者名 :
通常価格 561円 (510円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

〈私は、現代の坂本龍馬である。必ず、日本を洗濯する〉。宣言書が雑誌社に届いた。その言葉通りに、物議をかもした社長、有名漫画家、風俗王が射殺されてゆく。そして、遂に狙いは総理大臣に定められた! 龍馬を崇拝し、彼の足跡を辿りながら、大胆な手口で犯行を続ける男。高知、京都、十津川警部の捜査行は続く。トラベルミステリーとサスペンスを見事に融合させた長篇小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
シリーズ
十津川警部シリーズ
電子版発売日
2014年09月05日
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

高知・龍馬 殺人街道 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    平成19.2.1 ¥438
    <私は、現代の坂本龍馬である。必ず、日本を洗濯する>。宣言書が雑誌社に届いた。その言葉通りに、物議をかもした社長、有名漫画家、風俗王が射殺されてゆく。そして、遂に狙いは総理大臣に定められた!龍馬を崇拝し、彼の足跡を辿りながら、大胆な手口で犯行を続ける男。高知、京都、十津川...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年09月11日

    山村美紗の作品で、京都もの以外は情念が不足しているように思うことがあります。
    西村京太郎の、地方ものは、その地方への思いが描写として不十分だと感じました。
    #山村美紗の京都ものと比較しての話です。

    龍馬に対する記述は詳しいので、「高知」の描写も、もう少し色があると嬉しいかなと思いました。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

高知・龍馬 殺人街道 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング