ルポ 電王戦 人間 vs. コンピュータの真実

ルポ 電王戦 人間 vs. コンピュータの真実

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

なぜプロ棋士は敗れたのか?
プロ将棋棋士とコンピュータが真剣勝負を繰り広げる電王戦シリーズ。今年おこなわれた第3回大会は、プロ棋士側の1勝4敗に終わった。かつてはルールすら守れなかったコンピュータは、いかにしてプロ棋士を凌駕したのか? そして、現役のトップ棋士たちはこの結果に何を思うのか――? コンピュータ将棋に精通する著者が、丹念な取材のもとに書き下ろす迫真のルポルタージュ。

■目次
第一章 開発者たちの描いた夢
第二章 プロ棋士挑戦への道――電王戦前夜
第三章 老棋士の奇策――第一回電王戦
第四章 プロ棋士が敗れた日――第二回電王戦
第五章 リターンマッチ――第三回電王戦(1)
第六章 決着――第三回電王戦(2)

ジャンル
出版社
NHK出版
掲載誌・レーベル
NHK出版新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年07月29日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

ルポ 電王戦 人間 vs. コンピュータの真実 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年08月01日

     佐藤は頭を下げ、投了の意思を示した。それはきっと、歴史的瞬間であったのだろう。いつかは棋士がコンピュータに敗れるときがやってくる。そう多くの人間がどこかで漠然と思っていたはずである。しかしその瞬間が訪れるのは、意外なほどに早かったのではないか。この現実に、どう向き合えばいいのか。とまどいを隠せない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月27日

    将棋の知識はほぼないものの、家人につきあって将棋番組を見ているうちに、棋士の方々に親しみを感じるようになりました。電王戦のことも知っていたので、臨場感たっぷりに描かれた棋士の方々と電王戦との関わりを、とても興味深く読みました。将棋ソフト開発の歴史からも、将棋の複雑さ奥深さが感じられて面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月17日

    コンピューター将棋のドキュメンタリー。非常に面白かった。ちょっと考えれば分かることだけど、将棋の複雑なルールと指し手をコンピューターに覚えさせてオートで指させるのは難しい事だと思う。結局、プログラムは人間が組み上げるのだから、その人の設計思想が影響するのが面白い。個人的に一番面白いと思ったのが各駒に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月22日

    ソフト開発(と開発者)の側にもしっかりスポットがあたっていて、すごく楽しく読めました。さすがはmtmtさん!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    棋士がコンピュータに敗れる日が来たのは、僕の予想より少し早かった。大方の現役棋士も、もう少しあとだと予想していたという。しかしさすがに羽生や森内は早くから、2010年頃には人間が敗れる日がくる、と予想していたというのは、単純に「さすが」と思う。
    機械学習の仕掛けを導入した「Bonnanza」がエポッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月12日

    プロ棋士とコンピュータとの戦いの歴史。既にプロを打ち負かせるほどに進歩していたとは驚いた。チェスが勝つのはありと思っていたが、まさか将棋までもとは思っていなかった。また、ルポと称していることもあり、将棋対コンピュータの話を越えた何か哲学的なものも感じた。将棋に少しでも興味があるならば一読を勧める。今...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月29日

    電王戦のルポというよりはコンピューター将棋のこれまでの発達過程を知るうえで有益だった。しかし棋譜が載っていないのは残念である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月31日

    盤上で繰り広げられる人間とコンピュータの闘い。第一回~第三回電王戦で対決したプロ棋士とソフト開発者の人間ドラマ。対戦だけでなく,そこへ至るまでの道のりについても概要をしっかり捉えている。
    アルゴリズムの内容等の技術的な話には踏み込まず,棋譜データも載せていないが,両者の熱意と将棋への愛が伝わってくる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月05日

    著者の将棋知識が豊富であるため、読み応えのある一冊になっています。

    将棋においてコンピュータがプロ棋士の実力を上回ったことは認めないわけにはいかないようです。トッププロとは対戦していないようですが、そこは日本的な美学からあえて対戦する必要はないように思います。

    少し寂しい気もしますが、視点を変え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月28日

    著者の思いが詰まった名著であると思うが、図面がないのはいかにも惜しかったです。

    将棋の棋士、将棋ソフトのプログラマーの人間模様が良く描かれているなと感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています