異世界迷宮の最深部を目指そう 1

異世界迷宮の最深部を目指そう 1

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「絶対におまえを助ける。そのためなら、僕は――!!」
見覚えのない回廊で目覚めた相川渦波(アイカワ・カナミ)は、魔物から受けた
傷をラスティアラという美少女に治療してもらい、ここが非常にゲーム的な異世
界であることを知る。カナミは優遇されたステータスやスキルを武器に、美少女
剣士のディアと『どんな望みでも叶う』と噂される迷宮の最深部に向けて突き進
んでいく――。
これは少年が迷宮の最深部(しんじつ)を暴き、願いを叶える物語。
怒涛の展開で話題を呼んだ大人気WEB小説、ついに登場!!

ジャンル
出版社
オーバーラップ
掲載誌・レーベル
オーバーラップ文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2014年08月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

異世界迷宮の最深部を目指そう 1 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月04日

    この物語は塗り替えられ続ける名画に似ている。

    日々生み出され続ける傑作に向けられる称賛の裏、質を支えるには量が必要ということもあります。
    ネット発の小説は玉石混淆、揶揄も含まれ、その功罪を現在進行形で問われているわけですが、それを問うのはやめておきましょう。
    本作は最大手WEB小説投稿/閲覧サイト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    タイトルで損をしているかも?

    みかん 2017年12月23日

    この小説はタイトルで損をしていると思う。

    タイトルからよくある異世界物と思い購入したが
    読んでみると異世界物のよくある設定ながらも
    独自の世界観に惹き込まれます。

    また,この小説の一番の特徴が主人公たちの成長を
    描いたものだということです。

    最初は精神的に弱い主人公だが,悩み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月26日

    異世界転移もの、かな?
    最近読んだものもそうだったけど原因とか一切抜きでなぜか異世界に、という導入。主人公にチート能力は基本。

    前半のうろたえたり、困惑しているところはよかったけど、立ち直るのはやいなぁ。

    あとヒロインはもう少しヒロインらしくしてほしいところ。なんか次巻は違うみたいだけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月20日

    気が付けば見知らぬ場所、見知らぬルールで死にそうに。
    そんな主人公の、帰還を目指す物語。

    スキルで抑え込まれたおかげで、心平穏? に
    どうにか生活している主人公。
    王道として帰還を目指しているわけですが
    ものすごく思考回路が淡々としています。
    これもスキルのせい、と思えば、違和感もなく。
    そもそも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

異世界迷宮の最深部を目指そう のシリーズ作品 1~14巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~14件目 / 14件
  • 異世界迷宮の最深部を目指そう 1
    「絶対におまえを助ける。そのためなら、僕は――!!」 見覚えのない回廊で目覚めた相川渦波(アイカワ・カナミ)は、魔物から受けた 傷をラスティアラという美少女に治療してもらい、ここが非常にゲーム的な異世 界であることを知る。カナミは優遇されたステータスやスキルを武器に、美少女 剣士のディアと『どんな望みでも叶う』と噂される迷宮の最深部に向けて突き進 んでいく――。 これは少年が迷宮の最深部(...
  • 異世界迷宮の最深部を目指そう 2
    戦いを終えたカナミは『十守護者(テンガーディアン)』のアルティと再会する。 彼女の「恋を成就させたい」という依頼を受けつつ、迷宮攻略を再開するカナミ。 カナミは新たな仲間として火炎魔法を操るマリアと、類いまれなる実力を持つラスティアラを加え、 ついに前人未到の領域に辿り着く。しかし、順調に迷宮探索を続けるカナミの前に、 『天上の七騎士(セレスティアル・ナイツ)』が立ちはだかる。 逃亡...
  • 異世界迷宮の最深部を目指そう 3
    激しさを増す《天上の七騎士(セレスティアル・ナイツ)》によるラスティアラの奪還計画。 このパーティで最深部を目指そうと考えるカナミだが、突然ラスティアラがフーズヤーズに帰ってしまったことにより途方に暮れてしまう。 そこへパリンクロンがラスティアラを救う方法を持ちかけくる。 だが、マリアの様子もまた変わり始めていて――。 いよいよ幕を開ける聖誕祭。ラスティアラの死期。マリアのカナミに...
  • 異世界迷宮の最深部を目指そう 4
    ――戦いは終わった。 少年は休息を経たのち、命の恩人のパリンクロンの協力によって冒険者ギルド『エピックシーカー』のギルドマスターとなる。 妹のマリア、竜人(ドラゴニュート)のスノウと共に平和な時間を過ごす、足りないものは何もない幸せな日々――。 そんなある日、少年は仲間だと名乗る二人の少女、ラスティアラとディアに出会う。 「初めまして、僕はアイカワ・カナミです」 WEB上でも人気を博し...
  • 異世界迷宮の最深部を目指そう 5
    「三十層の守護者を打ち破ったら、真実を教えてやる」 パリンクロンにそう告げられ、舞闘大会に出場することになったカナミ。 その後、スノウの提案により竜退治に旅立ったカナミは、リーパーと話すうち、自身の置かれた状況に疑念を抱く。 記憶喪失の元凶が腕輪だと考えたカナミはローウェンに腕輪の破壊を相談するが、なぜかその依頼を拒否されてしまい……。 方法を探すカナミに手を差し伸べたのは、かつ...
  • 異世界迷宮の最深部を目指そう 6
    パリンクロンにつけられた腕輪を破壊し、記憶を取り戻したカナミ。全ての決着をつけるため、『ある人物』に狙いを悟られないよう、カナミはラスティアラたちと共に行動を開始する。 スノウを説得し、マリアを虚偽の記憶から解放する――全ては孤独な親友であるローウェンを救うため。 一方、未練を果たせると武闘大会に臨んでいたローウェンは、『最強』の『英雄』としての在り方に疑問を抱いていて……? 「さ...
  • 異世界迷宮の最深部を目指そう 7
    武闘大会が終わり、遂にラスティアラたちと本当の再会を果たしたカナミ。 下手な火薬庫より危ない彼女たちと共に、カナミのパーティーはリヴィングレジェンド号に乗って海原を行く。 向かうは『本土』――全ては、パリンクロンとの決着をつけるために。 パリンクロンを倒す実力をつけるために潜った迷宮で、カナミは《天上の七騎士》ハインの面影を残す少女と遭遇し……!? 「初めまして――私の名前はワイス・ハ...
  • 異世界迷宮の最深部を目指そう 8
    ――それは千年前の契約。使徒の力を受け継ぐという使命。『英雄』と『化け物』たちの戦いを続ける遊び。 『境界戦争』の中で誰もが『運命』や『生まれ』に振り回され、契約を果たすパリンクロンの計画をもはや誰も止められない。 戦場でついにパリンクロンを捉えたカナミは、千年前の再来を止めるべく仇敵に戦いを挑んでいく。 『世界奉還陣』の発動する戦場が紫水晶(アメジスト)の魔力に満たされ、再び始...
  • 異世界迷宮の最深部を目指そう 9
    ついにパリンクロンを倒したカナミだったが、迷宮・六十六層の裏で目覚めを果たす。 【五十守護者】ティティーと出会い、一年という空白期間を認識したカナミは、ともに落ちたライナーと迷宮を脱出するべく「地上」を目指すことに。 六十層まで到達したふたりが出会ったのは、『光の理を盗むもの』ノスフィー。 「――あ、あぁっ!! わたくしを迎えに来てくれたのですね!」 未練を残す守護者がふたり。 語る...
  • 異世界迷宮の最深部を目指そう 10
    地上への帰還を目指すカナミに立ちはだかる『風の理を盗むもの』ティティー。 呼応するかのように千年前へ変貌するヴィアイシアの街。愛憎に満ちあふれるノスフィーはカナミを『未来(ちじょう)』へ逃がしはしない……。 全ての罪過を償うと誓ったカナミは、『詠唱』の『代償』を糧に未来(かのうせい)の先譚を紐解いていく。 ――それは、千年と百十一年に及ぶ前日譚。 見栄っ張りの魔人混じりが起こした、...
  • 異世界迷宮の最深部を目指そう 11
    迷宮から地上への脱出を果たしたカナミ、ライナー、ティティー。 散り散りになった仲間達の足取りを追って辿り着いたフーズヤーズは、すっかり様変わりしていた。 かつて親交を深めた人々と言葉を交わし、そしてカナミは最愛のひと、ラスティアラと再会を果たすが、とある理由から同行を拒否されてしまい――。 「さよならだね」 千と一年越しの再会と決別が繰り返され、互いにもつれゆく関係性の中で、カナ...
  • 異世界迷宮の最深部を目指そう 12
    ディアと陽滝を取り戻し、『風の理を盗むもの』ティティーを故郷へ送るべく、ヴィアイシア国へ向かうカナミたち。 一方、『木の理を盗むもの』アイドは、その王都にて着々とカナミとの決闘に備えていた。 ――すべては『統べる王(ロード)』のために。記憶の最果てにある『代償』が何かを知らずに。 ……そして童は、その瞳の中に答えを知る。 「――姉様。よかった、今度は間に合いました」 千年より長い一瞬の...
  • 異世界迷宮の最深部を目指そう 13
    ジークを主とする騎士、ライナー・ヘルヴィルシャイン。それが僕の名前だ。 迷宮から一年の時を経て帰還し、再びフーズヤーズの騎士に戻った僕は、ラスティアラの密命を受け、任務に励んでいた。 内容は魔石人間に流れる『ティアラ様の血』の回収。その任務にも目処がつき、あとは『再誕』の儀を待つばかり。 だが、そんな僕の前にティアラを名乗る人物が現れる。 彼女は『ティアラ様の血』を全て僕に受け...
  • 異世界迷宮の最深部を目指そう 14
    続巻入荷
    『告白』の末、晴れてラスティアラと恋人同士となったカナミ。 マリアとリーパーの二人と合流し、ノスフィーとの決着をつけるべく、一行は『本土』へ。 大聖都フーズヤーズに辿り着いたカナミだったが、ノスフィーによって張り巡らされた対策により、次元属性魔法の使用を禁止されてしまう。 さらに訪れた冒険者ギルドにて『世界樹汚染問題』という依頼を発見。鮮血属性の魔法を得意とする男が、世界樹を真...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています