予言村の転校生

予言村の転校生

作者名 :
通常価格 712円 (648円+税)
紙の本 [参考] 715円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

市役所の職員だった父の育雄が故郷の村長に当選し、中学二年生の湯木奈央は「こよみ村」に移り住む。村には秘密の書「予言暦」なるものがあるという。元アイドルの溝江アンナ、その息子・麒麟、〈村八分〉松浦、父の政敵・十文字など、個性的な村民たちと共に奈央は様々な不思議な体験をする――。村の四季を背景に、ほんのり怖いけれど癒される青春ファンタジー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
339ページ
電子版発売日
2014年08月08日
紙の本の発売
2014年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

予言村の転校生 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年10月19日

    堀川アサコさん、大好き。
    いろんなものの境界の曖昧さがいい。
    境界の曖昧さにつながるが
    舞台裏が明かされながらも、
    謎が残されるのもいい。
    なんというか、
    生き物の骨太さを感じる。
    今回は中学生が主人公だが、
    大人が主人公のものの方が
    もっと好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    読みやすい。
    中学生から高校生がターゲットかな。

    面白いので、この著者の作品、別のもの読んでみようと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月12日

    父が故郷の村長になり、主人公の奈央は閉鎖された陸の孤島のような村に移り住む。
    全ての出来事が「予言暦」に書かれていて、それによって成り立っているという村での、さまざまな出来事や事件を追うストーリー。
    田舎でののどかな生活が子供の頃の実家を思い出し、懐かしくてほっこりとする。
    中学生2年生の主人公の視...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月17日

    のんびりした村の時間の流れの中で、
    柳田国男の遠野物語まで引用した不可思議な話など、
    不可解なエピソードがそこかしこに散らばっている。
    ドキドキとワクワクとヒヤヒヤが適当な加減で
    混ざりあって、いい感じなのですよ。
    隠し味程度の恋のエピソードも効いており癒されます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月26日

    父・育雄が故郷の村長に当選し、中学二年生の奈央はこよみ村に移り住む。村には秘密の書「予言暦」があるという。元アイドルの溝江アンナとその息子・麒麟、“村八分”松浦、父の政敵・十文字など個性的な村民と共に奈央は様々な不思議な体験をする。村の四季を背景に、ほんのり怖いけれど癒される青春ファンタジー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月08日

    そこそこ面白かった、という印象。
    キャラクターがあまりしっくりこなかったことに加えて、短い期間の話であるのに、連続している感じが薄かった、断片的という感じだった。
    舞台設定などは良い設定だなと。
    150208

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月21日

    再読2回目。
    ファンタジーでありサスペンスであり、ホラーの要素もちらほらり。途中、ちょっとリアルで怖くなって読むのやめようかと思った…。だけど散りばめられた謎が気になって、最後まで読み進めてしまいましたね。謎がすべて解き明かされるわけではなかったところか、この作品のジャンルをひとつに決めさせない感じ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月09日

    堀川さん書き下ろしの作品。

    予言歴や催眠術といった非現実的な話と、陸の孤島であるこよみ村の開発促進派・反対派の対立といったとても現実的な話が程よく混ざっていて堀川さん独特の世界でした。

    ラストに向けて予言歴の話がもう少し出てくるかと思ったのですが結局ほとんど登場せず、催眠術に偏った話だったのが少...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月28日

    村長になった父親とともに「こよみ村」に移り住んだ中学二年生女子の青春ファンタジー&ちょこっとミステリ。多分にジュブナイル的でちょっと物足りません。この人は現代モノより歴史モノの方が好みです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月11日

    幻想シリーズの、堀川アサコさんの文庫書き下ろし…。

    ホラーファンタジーの堀川さんらしぃ作品でしたが…、
    代表作の幻想シリーズと比べると、ちと大人しめかな?

    幻想シリーズでは、現世と黄泉の国の境目に存在する、
    映画館や郵便局といった公共施設を舞台に、文字通り、
    プチ・ホラーやファンタジーをメインフ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています