グリズリー

グリズリー

作者名 :
通常価格 1,005円 (914円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

陸上自衛隊輸送トラック襲撃、連続過激派殺害。公安と刑事部の捜査線上に浮かんだのは、テロ計画〈Nプラン〉関与で自衛隊を退職となった折本敬一。一体〈Nプラン〉とは何か? いま折本が企む謀略とは? ひとりの男が超大国に挑む! 長篇冒険小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
640ページ
電子版発売日
2014年08月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

グリズリー のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月07日

    笹本稜平『グリズリー』徳間文庫。

    2007年刊行の長編冒険小説。超弩級の大作である。笹本稜平の冒険小説と山岳小説は殆ど読んでいるが、本作は未読だった。たまたま近所の古本屋で見付けて購入。

    物語は、かなり長い時間軸でじっくりと描かれ、予想不可能な展開を見せる。主役は『グリズリー』と呼ばれる元エリー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月06日

    予測不能な展開である。よくできている。ただ、登場人物が多くて、ストリーと役柄の割り振りを覚えるのがちちょっと辛い。まあ、贅沢というものか。まずは、大満足な一冊であった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月24日

    時代が変わっていく中で、こういう型にはまったアメリカのイメージはやや古いのかな?っていう感覚が無いわけではないのだけど、日本の国内でドンパッチくんとなると、やっぱりドキドキする。
    でもなぁ、米国とか大統領とか、デルタフォースとか出てくると、突然陳腐に思えてきてしまうのは何故だ。テロリスト相手とはいえ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月06日

    冒頭から緊迫感のあるエピソードで引き込まれる。国際政治に絡めたスケール間のある設定とストーリーテリングの妙が効いている。ラストはもう少しアクションシーン多めかと思っていたが少し肩透かしを食らった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月14日

    消費者金融店舗に押し入った二人組。それを狙撃するSAT隊員。ガッチリと読者の心を掴む導入部。
    そして、たった一人で、世界に戦争を仕掛けた男がいる。
    何とスケールの大きなエンタメかと、これだけでワクワク感満点。
    この次はどうなるか予測がつかない展開に、しかも次から次へと新しい人物が登場するので(人物名...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月20日

    本作も見事な本格冒険小説。「太平洋の薔薇」には及ばない。ちょっと最後があっけないというか、最後に2人の対決を盛り上げる方法はなかったのか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月23日

    一人の男が超大国に戦いを挑むという話です。
    けっこう厚めの本ですので読むのに時間がかかりますが、それでも、読むのが楽しいと感じさせてくれる本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月04日

    テロリスト対警察機構のアクションスリラーって感じかな。
    アメリカ政府の関係者が出てきたことによって、終盤がだれてしまうのがちょっと残念。
    なんか、無理矢理犯人に対する共感を押しつけられましたっていう感じがね。
    もっとブラックなというか、乾いた感じでも良かったんじゃないかと思うんだけれど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月03日

    国産冒険小説の書き手が少ない今、笹本氏は活躍されているようです。初めて読みましたが、壮大なスケールの物語でした。最後はなかなかグッときます。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年07月10日

    孤独な戦士、グリズリー。世界を巻き込んだテロを1人で起こしたにもかかわらず、温かみを感じさせる人間性。壮大な感じがする小説。視点がすごいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています