横浜線ドッペルゲンガー 1
  • 完結

横浜線ドッペルゲンガー 1

作者名 :
通常価格 564円 (税込)
紙の本 [参考] 594円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

二〇〇三年に発生した『横浜線彫刻家連続殺人事件』 剣崎マコトは“冤罪”を訴えるも“犯人”として逮捕“死刑執行”されてしまう。 しかし“死刑執行”と同時に“事件発生の25日前”に“タイムスリップ”! “まだ起きてもいない事件”をとめる為、“真犯人”へ“復讐”する為、未来から来た剣崎の選んだ『相棒』は過去の自分だった!! 信じられるのは自分だけ! 追跡クライムサスペンス!! 運命と戦う2人の自分の物語開幕。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
週刊ヤングジャンプ
ページ数
208ページ
電子版発売日
2014年07月18日
紙の本の発売
2014年07月
コンテンツ形式
EPUB

「横浜線ドッペルゲンガー 1」のユーザーレビュー

ネタバレ購入済み

おもしれぇー!

坂やまん 2014年08月21日

相棒は自分のドッペルゲンガー!
探偵ものは星の数ほどあるけれど、相棒が自分自身なんてストーリーは他にないね!
連続猟奇殺人の冤罪になった気の毒な主人公。
彼は事件前の過去へタイムスリップしてしまい、そんで昔の主人公と相棒になる!というもの。
2人の自分は本物の連続殺人犯を捕まえられるのか?
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月28日

連続殺人事件の犯人として冤罪で死刑にされた主人公がタイムスリップして事件の真犯人を…という話だけど、タイトルにドッペルゲンガーとあるように、主人公が同じ時系列世界に二人存在することになり、幸せな主人公と死刑まで精神的に追い込まれた同じ人間の精神状態の差が今後の物語の鍵を握りそう。ドッペルゲンガーとい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

書店員のおすすめ

第1巻冒頭から主人公の死刑執行のシーン。彼は「横浜線彫刻家連続殺人事件」容疑者として冤罪を訴えるも、死刑は執行されてしまう。そこから主人公が事件の前までタイムスリップして「未来」を変える。

そんな「よくあるクライム・サスペンス」に思える本作だが、他の作品と大きく異なる点は、主人公が過去の自分と共存すること。つまり未来からタイムスリップしてきた主人公が自らドッペルゲンガーとなって未来を変える。これはあらすじだけで既に面白い。

実際の都市伝説として、「自分のドッペルゲンガーを見ると死ぬ」という有名な通説もあり、そんな通説を応用したクライマックスとなるのか、見事真犯人を見つけ未来を変えるのか、そうなるとドッペルゲンガーとしての自分はどうなってしまうのか、今後の展開に要注目。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「横浜線ドッペルゲンガー」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,619

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!