面白くて眠れなくなる素粒子

面白くて眠れなくなる素粒子

作者名 :
通常価格 1,200円 (1,091円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

素粒子の世界へようこそ。重さの素となる「ヒッグス粒子」、宇宙創生の秘密につながる「超ひも理論」、莫大なエネルギーを生む反物質、あまりにもふしぎな仮説の数々…など、奇妙で奥深い素粒子の世界がわかる一冊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
PHP研究所
シリーズ
面白くて眠れなくなるシリーズ
ページ数
224ページ
電子版発売日
2014年07月11日
紙の本の発売
2013年02月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
6MB

面白くて眠れなくなる素粒子 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年04月21日

    ヒッグス粒子から始まり、素粒子、素粒子研究、クオークとレプトンの話、超ひも理論から相対性理論とピカソまで。科学読み物の中でも内容もわかりやすくとても楽しく読める。
    ほとんどは仮説の元に、でもここまで考えられる、人の想像力はすごい。仮説がいつしか現実になることを楽しみとしたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月25日

    わかりやすくという意図は十分に伝わるけど、想像力が付いていかないと、やはり難しい分野。technical termがどんどん飛び出して来るし。
    残念ながらら眠くなることはしょっちゅうでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月26日

    面白かった。素粒子をどのような考え方で分類しているのかをわかりやすくまとめられていた。一番衝撃だったのは素粒子はブラックホールであるとの説明。確かに質量が違うだけで同じなのかも知れない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月30日

    眠れなくなるほどではなかったけど眠くはならない程にはわかりやすい素粒子入門書。まずは物理の世界における理論屋でも実験屋でもない、両者を支える現象論の人々の苦労とその報われなさのボヤき具合が面白い。素粒子についての解説は最先端の事柄までよくこれだけ平易に語れるものだと感嘆しつつも、比喩に比喩が重ねられ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月01日

    以前読んだ『面白くて眠れなくなる数学』は、ちっとも面白くなかったですが、こちらの本は面白かったです。
    眠れなくなるほどではなかったですが(笑)。

    素粒子の本を書いている人というのは、たいてい、その道の専門家なので、どうしても話が難しくなりがちだと思います。
    その点、この本の著者の竹内さんは、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月12日

    ところどころ、面白い話が載っている。
    ・物理学者には、「理論屋」と「実験屋」の他に、理論からどういう実験をやれば良いか・正しいか検証できるかを計算する「現象論屋」がいる。。(
    ・超ひも理論によると、素粒子はブラックホールと同じ。(重さ、回転、電荷以外の毛が無い)
    ・量子場のイメージを説明しようと試み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月16日

    面白くて眠れなくなるというほどではなかったが、ファインマン・ダイアグラム、超ひも理論、Dブレーンなど非常にわかりやすく解説されていました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月05日

    話題のヒッグス粒子や超ひも理論、宇宙論や量子重力論まで、素粒子論の最先端をまとめた意欲作です。

    ただ、最先端の理論を盛りだくさんに紹介したため、しっかり腹落ちするところまで至りませんでした。

    量子力学の最先端を、これだけ幅広に初心者向けに紹介する類書は見当たりません。著者に敬意と感謝を表します。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

     素粒子のこと、超紐理論などを、ホントに理解できたわけではないけど、なんとなく分かった気にさせてくれる。
     文句なく楽しい。ぼくにはこれくらいが丁度良い。
     重力までもが「粒子」と呼び習わされることにこれまでものすごく違和感を感じていた。
     ぼくは全ては場(正体不明のエゑテル)の中での波だと信じて疑...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月31日

    面白くて眠れなくなるのは本当。自分が知覚している世界の外にはこんな訳のわからない原理の世界が渦巻いているのか、ということを少しだけ垣間見れる。でもやっぱり物理って難しい。

    このレビューは参考になりましたか?

面白くて眠れなくなる素粒子 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング