男の嫉妬 ――武士道の論理と心理

男の嫉妬 ――武士道の論理と心理

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

義に厚く、潔い男の中の男。「武士」という言葉から連想される通念であろう。現代には失われた日本の美徳を、われわれは「武士道」へと投影しがちだ。しかし、多くの史料には、嫉妬心から足を引っ張りあう、彼らの等身大の生き様が描かれている。では、なにゆえにサムライたちは、かくも生臭い情念に翻弄されねばならなかったのか。そして、その心性を根深く規定した日本社会の特質とは。一級資料を丹念に掘り起こし、嫉妬うずまく武士社会の実像を浮き彫りにする刺激的な試み。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
ページ数
219ページ
電子版発売日
2014年07月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2013年03月20日

    嫉妬の視点から武士の世界を見たものだったが、馴染なく無理な感も否めない。特に武士の嫉妬を取り上げる必要があったのか疑問。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年10月16日

    「怒り新党」でマツコデラックスが「やっぱり怖いのは男のやり合いよ。表に出ないもの。」と言っていた。
    江戸時代,男とは,生物学的な雄ではなく元服した武士の意だったという。
    礼に篤く義を重んじお家大事と死を厭わず忠勤に励むイメージがあるからこそ,山吹色好きな,「よいではないか,よいではないか,もそっと近...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています