スカーレット・ウィザード6
  • 最新刊

スカーレット・ウィザード6

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ジャスミンは、ケリーに惑星ジゴバの酒場での出逢いが初めてではないことを直接告げずに逝った。ケリーは、ジャスミンに婚姻を承諾した本当の理由を聞かせる前に別れを告げられてしまった。
ジャスミンは知らない。己の命がまだ尽きていないことを。ケリーは知らなかった。彼女が『命の恩人の形見』を大切に大切にしていたことを。
互いに相手にかけるべき言葉をのみ込んだままジャスミンが長い眠りについたあと、残されたケリーは何を思い彼女を取り戻す決断をしたのだろう。シリーズ最終巻。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
シリーズ
スカーレット・ウィザードシリーズ
ページ数
400ページ
電子版発売日
2018年04月27日
紙の本の発売
2018年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

スカーレット・ウィザード6 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年07月05日

    読み終えて分かったのだけど、文庫では「6」になっているこの巻、最初に出た時は「外伝」だったのね。
    道理でまったりした進み方だし、終わり方も次のシリーズへの橋渡しみたいな感じだったわけだ。

    そう思って「5」の終章を読むと、確かに余韻たっぷりに終わっているな。
    その感想に『あと1巻しかないよ、最終巻は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年08月28日

    ジャスミンは残念ながら、予想通り最終巻までに生き返ることはありませんでしたが、まだ続編があるようなのでそこで再会して、またひと暴れでもふた暴れでもしていただきたいです。
    歳を重ねてもケリーはかっこいいんだろうなぁと想像しつつ、続編を読むのを楽しみにします。

    このレビューは参考になりましたか?

スカーレット・ウィザード のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • スカーレット・ウィザード1
    海賊王の異名を持つ一匹狼のケリーに、エネルギーと情報の二つの分野を支配するクーア財閥の総帥ジャスミンから仕事の依頼が舞い込んだ。だが話を聞きに出向いてみると――出されたものは『婚姻届』で……? しかも承諾か拒否かの決着は宇宙での追いかけっこで決めることに?? かなり異色な恋愛小説が文庫で登場!
  • スカーレット・ウィザード2
    行方不明の輸送船の捜索にジャスミンがクインビーで飛び出した。が、そのクインビーが暴走を! 誰もが恐怖に凍る絶望的状況にケリーはひとり不敵に笑う。
  • スカーレット・ウィザード3
    出産を控えたジャスミンが、ケリーに別居を申し出た。そして総帥代理を務めるようにとクーア本社の会長室に追いやってしまった。するとケリーの周囲には不自然な事故が続き、重役連中は露骨な抱きこみ工作を画策する。連邦警察に目をつけられ、さらには海賊時代の過去を知る男までが出現……。だが予想もしなかった方向から事態は急展開に――!
  • スカーレット・ウィザード4
    中央進出を目論む海賊ギリアスがクーア財閥副総帥に目をつけた。お宝欲しさのあまりに絶対に侵してはいけない男の過去を、土足で踏みにじったのだ! ケリーは琥珀の左眼を輝かせ、壮絶な笑みを浮かべた――。ダイアナがジャスミンに現空域からの退避を告げた。ここに残れば、巻き添えを食らい消滅の危険があるから、と。
  • スカーレット・ウィザード5
    ダニエルを誘拐し、クーア財閥を我が者にしようとする重役たち。怒りに燃える女王と海賊は愛息奪還作戦を決行! 連邦軍も主席も大女優まで巻き込んだ映画撮影(!)が始まり、演技指導に招かれた赤髪の監督(!!)は居並ぶ軍人たちを前に「撮影内容を説明する」と宣言した。 ――作戦内容の間違いだろう?
  • スカーレット・ウィザード6
    ジャスミンは、ケリーに惑星ジゴバの酒場での出逢いが初めてではないことを直接告げずに逝った。ケリーは、ジャスミンに婚姻を承諾した本当の理由を聞かせる前に別れを告げられてしまった。 ジャスミンは知らない。己の命がまだ尽きていないことを。ケリーは知らなかった。彼女が『命の恩人の形見』を大切に大切にしていたことを。 互いに相手にかけるべき言葉をのみ込んだままジャスミンが長い眠りについ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています