不機嫌なモノノケ庵 14巻
  • 最新刊

不機嫌なモノノケ庵 14巻

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【「悪」と「善」、二人いるかのように。】
「妖怪を殺していた」受け入れがたい父親・榮の存在。だが芦屋は妖怪を通して、その足跡をたどることに…。そして次第に変化を感じとっていく。別人のように妖怪に優しい榮を――。不機嫌主のモノノケ奇譚、優しさに触れる第14巻登場です。
(C)2019 Kiri Wazawa

ジャンル
出版社
スクウェア・エニックス
掲載誌・レーベル
ガンガンONLINE
ページ数
200ページ
電子版発売日
2019年09月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
33MB
  • アニメ化

    「不機嫌なモノノケ庵 續」

    2019年1月6日~ TOKYO MXほか
    声の出演:梶裕貴、前野智昭、高垣彩陽

新刊オート購入

    早く次.....です

    kopen 2019年09月18日

    いろんな事が繋がってきている~ワクワク中です

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~14巻配信中

※予約作品はカートに入りません

11~14件目 / 14件
  • 不機嫌なモノノケ庵 11巻
    【今と過去の“物怪庵”。】 芦屋の父・榮の情報を追っていた安倍は、ヤヒコからその姿と物怪庵と関わりがあったことを知る。物怪庵の先代・アオイの業務報告書からも、その存在が浮かび上がり、榮が“物怪庵の奉公人”だったことと、失踪ではなく別の結末に辿りつき…。不機嫌主のモノノケ奇譚、過去と現在が交錯する第11巻登場です。 (C)2018 Kiri Wazawa
  • 不機嫌なモノノケ庵 12巻
    【全ては“妖怪のため”にあれ】 “威光”によって、芦屋に妖怪を殺させてしまった安倍。だが、芦屋はその事実を覚えていない…。悩む安倍は、先代の物怪庵主・アオイの言葉を思い出す。一方、隠世ではある異変が起こり始めていた。集う立法・司法・行政。三権神は、何を話す…? 不機嫌主のモノノケ奇譚、疑念巻き起こる第12巻登場です。 (C)2018 Kiri Wazawa
  • 不機嫌なモノノケ庵 13巻
    【15分の1も、知らない人。】 妖怪が棲む隠世は、“隠世姫”の存在により保たれている。その隠世が“祟り”の脅威に晒されることに…。その調査を命じられた芦屋と安倍は、広がる樹海にて祟られて命を落とした妖怪を見つけるが――? 不機嫌主のモノノケ奇譚、別れと再会の第13巻登場です。 (C)2019 Kiri Wazawa
  • 不機嫌なモノノケ庵 14巻
    【「悪」と「善」、二人いるかのように。】 「妖怪を殺していた」受け入れがたい父親・榮の存在。だが芦屋は妖怪を通して、その足跡をたどることに…。そして次第に変化を感じとっていく。別人のように妖怪に優しい榮を――。不機嫌主のモノノケ奇譚、優しさに触れる第14巻登場です。 (C)2019 Kiri Wazawa

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています