ナンバー2が会社をダメにする 「組織風土」の変革

ナンバー2が会社をダメにする 「組織風土」の変革

作者名 :
通常価格 679円 (618円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

コンプライアンス(法令遵守)が声高に叫ばれても、組織不祥事はなぜ絶えないのか。それは、組織には個人の倫理観や使命感を超えた力学が働いているからだ。そのメカニズムを知り、危機回避に努めるのがナンバー2の役割である。著者は政府の調査委員として数々の事故、不祥事の原因究明に従事した社会心理学者。職場にはびこる「権威主義」や「属人思考」の問題点を指摘する。権威主義とは、教条やカリスマ的人物を物事の善悪判断にする考え方。属人思考とは、物事を是々非々で論じるのではなく、「誰が」言ったか、やったかという<人>情報を過大に重視する考え方である。具体例をあげれば、次のような職場は危険だという。「“鶴の一声”がよく起こる」「身近な偉業者を褒め称える」「滅私奉公が評価される」「曖昧さの受容ができない」等々。そして、そのような組織風土を刷新する処方箋を提案する。あなたの会社は大丈夫か。誰もがナンバー2になりえるからこそ必読!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
232ページ
電子版発売日
2014年06月20日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

ナンバー2が会社をダメにする 「組織風土」の変革 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月01日

    あー、なかなか日本企業にとってみれば、耳のイタイような話だよなぁ…と思うような感じ。
    属人思考うんぬん…、鶴の一声うんぬん…、そっからの、”ナンバー2”としての心構えうんぬん…、とね。

    だいぶ日本企業に寄った書きよう内容ではあるが、いまだそういう凝り固まった考えに支配されたオジサンたちが、、日本社...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月23日

    この本の趣旨は、決して「ナンバー2が会社をだめにする」ということではなく、「ナンバー2は非常に重要なポジションなので、ここを閉める人々の力量が組織を良くも悪くもする」ということである。趣旨は、なるほどと思うのだけれども、この著者の組織論は、「属人的である」ということ徹底的に嫌い、「属組織的である」こ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月11日

    実際はナンバー2こそが会社を継続的に発展させる要であるということです。『属人思考』が組織に歪みをもたらすことが定量的に評価されていて、参考になります。おすすめです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています