友がみな我よりえらく見える日は

友がみな我よりえらく見える日は

作者名 :
通常価格 517円 (470円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ホームレス同然の生活を続け妻子からも捨てられた芥川賞作家、アパートの五階から墜落し両目を失明した市役所職員、その容貌ゆえに四十六年間、一度も男性とつきあったことのない独身OL……人は劣等感にさいなまれ深く傷ついたとき、どのように自尊心をとりもどすのか。読むとなぜか心が軽くあたたかになる、新しいタイプのノンフィクション。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎アウトロー文庫
電子版発売日
2014年06月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

友がみな我よりえらく見える日は のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月04日

     取材型のエッセイ集、視力を失った友人、離婚したシングルファーザー、見習い女優などざまざまな人に話を聞き、悩みや不安にどう向き合って生きているのかを、鮮やかにまとめている。そこから浮かび上がるテーゼは「人は自分でつちかってきたやり方によってのみ、困難な時の自分を支えることができる」(P19)。と、言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月10日

    「普通」から外れて 割の合わない境遇に
    なってしまった悔しさ 辛さが
    淡々とした言葉ににじみ出ます
    つまずいた人たちの話だけど
    何度でも立ち上がれると思える
    みんな 強いですね

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月07日

    こういう日常を送っている人達もいるんだ、と視野を広げてくれる.
    暗いような温かいような大好きなコラムです.
    ボブ・グリーンも大好きです.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月10日

    本のタイトルを見て迷わず手に取った。私も常日頃から周りへの劣等感に押しつぶされそうになっていたからだ。私はこの自分の気持ちを代弁したかのようなタイトルの本がどんな内容か知りたくなった。
    この本に登場するのは、ホームレス、離婚経験者、不登校児、鬱病患者、リストラ経験者など、世間一般で言う「負け組」の人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月28日

    自尊心って人が生きて行くうえで欠かせないものだと思う。
    人が傷ついた自尊心を回復しようとするとき、著者の「心はギュッとつかまれたような感じになった」と書かれてあるが、とても共感出来る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月16日

    啄木は、「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ花を買ひ来て妻としたしむ」と読んだが、辛くてどうしようもない時、人はいかに自分を支え、希望を見出すのか。

    本書には、さまざまな悩みをもった人が登場しているが、その人たちは置かれた状況の中で精一杯「自分をはげまして生きている」。
    私自身も、他人と比べて、他人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月11日

    様々な人からその人生経験の話を聞き、それらまとめた短編集。いわゆる何らかの傷をもった普通の人、を対象として心にグッとくるようなエピソードが多く、改めて世の中には人の数だけその人生があるのだなと思った。

    「友がみな我よりえらく見える日は」どこかで聞いたことがあるフレーズと思ったが、石川啄木の一握の砂...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月22日

    幸せの物語は少ししかないけれども
    不幸せの物語はその人の数だけある
    まるで
    そのままの、せつない短編集でした

    生きているということは
    こういうこことなのです
    自分が暮らす
    すぐそばに
    それぞれのやりきれなさを抱えて
    暮らす人たちの物語り

    生きていることに
    愛おしさを感じてしまう
    それでも
    生きて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月08日

     そこら辺?にいる人を追う、ルポとでも言うか。以前、猪瀬氏の無名人シリーズを読んだが、それよりもより普通の人々(ちょっと違うか)に焦点を当てている。
     現在版のルポもあれば読みたい。また、ボブ・グリーン(ジョーダンの本を書いた人かも)の本にも興味が出てきた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月21日

    読書録「友がみな我よりえらく見える日は」4

    著者 上原隆
    出版 幻冬舎

    p220より引用
    “ 他人はどのようにして自尊心を回復する
    のだろうか?
     人が傷つき、自尊心を回復しようともがい
    ている時、私の心は強く共鳴する。”

    目次から抜粋引用
    “友よ
     登校拒否
     職人気質
     別れた男たち
     リ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています