こころが折れそうになったとき

こころが折れそうになったとき

作者名 :
通常価格 1,047円 (952円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

不況に震災が重なり、「苦難」に直面する人が増え続けている。人生の様々な苦難に遭遇した人たちへのインタビューを続けてきた著者が考える、いまを生き抜くための「すべ」とは? 先が見えない時代だからこそ、「私」を見つめ、「私から始める」ことの大切さを綴る、不思議な浸透力に満ちた一冊。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
NHK出版
ページ数
240ページ
電子版発売日
2013年04月12日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

こころが折れそうになったとき のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月30日

    「将来のことを考えては今を生きていけない」という話を訊き、週末に居場所を持たない土曜出社して一日を過ごす男女のことを語る。自死した哲学者の家族や友人を訊ねて、自殺の畏怖を確認する。自分探しの掘り下げ方を就職活動生に探ったり、人が救いを求める啓蒙やスピリチュアルの言葉を、実用面から「限界哲学」と考えて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年06月08日

    これまでのコラムは、他者を暖かいながらも客観的に淡々と描写することによって「人が困難に直面した時にどう対応するのか」を書き綴ってきた.
    今回は、一転して自身の内面をさらけ出し、内面を奥のほうまで掘って掘って掘りまくる.
    「良き自分探し」とは内面に向かって自分を掘ること、「悪しき自分探し」とは自分の外...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年11月07日

    レビューを見て興味を持ち、読んでみた。
    上原氏の著作を読んだのはこれが初めてである。

    タイトルやレビューから想像した内容とは少し違ったが、読み応えがあった。
    心が折れそうになった時はこうしたらいい、というような
    単純であったり押し付けに近かったりするような内容ではなく、
    どうしたら良いのか、どうす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています