「妄想大国」韓国を嗤(わら)う

「妄想大国」韓国を嗤(わら)う

作者名 :
通常価格 950円 (864円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

新日鐵住金と三菱重工業への「戦時徴用訴訟」、「いわゆる従軍慰安婦問題」という虚構を掲げての反日宣伝戦、「教科書に日本海と東海を併記」のロビー活動、実効支配している竹島の領有を主張する過剰パフォーマンス……。彼の国の常軌を逸した言動をこれでもかと見せつけられ、大多数の日本人は、その愚かさぶりに呆れ果てているのではないか。「オンリー・イン・コリア」を略した「OINK(オインク)」という言葉がある。韓国でのビジネスに携わる欧米の金融業界関係者のあいだで生まれた言葉で、「韓国でしか起こり得ないこと」という意味で使われている。その数々のOINKから発生する妄想ぶりには、「笑う」というより「嗤う」しかないのだが、歴史や領土をめぐる情報戦とあっては嗤ってもいられない。「言いがかり」「蒸し返し」「つきまとい」……。数々の妄言でたかってくる彼の国に、日本はどう対処すべきか。最強ウォッチャーによる痛快対論!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
PHP研究所
ページ数
192ページ
電子版発売日
2014年06月06日
紙の本の発売
2014年04月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

「妄想大国」韓国を嗤(わら)う のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年12月05日

    韓国の批判を、有識者が座談会形式で行ったもの。
    韓国が嫌いになりそうな本。
    そこで終わらずに、日本はこれからどう韓国と向かい合うべきなのか、まで考えてみになると思われる。

    根拠ありきの話のはずなのだが、その引用元があまり明らかにされないのが非常に残念。このままだと単なる噂話の悪口大会になってしまい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月08日

    韓国についての著書が多い室谷氏と、中小企業診断士の資格を持ち経済についての発言が多い三橋氏がVOICEで退団したものを加筆、再構成したもの。

    3章構成にはなっているが対談を元にしているので、話が続いているような形になっている。また対談といっても、1~2Pどちらの意見が載り、それに応じてもう一人の意...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています