報道されない沖縄 沈黙する「国防の島」

報道されない沖縄 沈黙する「国防の島」

作者名 :
通常価格 1,209円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

本土復帰40年を迎える沖縄。激しい基地反対運動の傍らで静かに聞こえてくる基地容認の声……。本土防衛の要衝地・沖縄が発する日本国家への問いとは。極東アジアの国防と沖縄県民の真情を描く迫真のルポルタージュ

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川学芸出版
掲載誌・レーベル
角川学芸出版単行本
電子版発売日
2014年06月03日
コンテンツ形式
EPUB

「報道されない沖縄 沈黙する「国...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年11月04日

産経新聞那覇支局長が、沖縄の実態について書いた本。新聞記者らしく、住民の聞き取りを中心とした取材と戦後の歴史、基地関連予算などから問題を浮彫りにしている。調査が粗いが報道されていない沖縄の影の部分がよくわかる良書だと思う。沖縄県民を含め多くの国民が読むべき本であろう。
「(復帰式典佐藤首相式辞)沖...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月09日

「報道されない沖縄」の実情に驚きの連続でした。声なき声が伝わらない基地問題の複雑さを、今更ながら痛感します。筆者が言うように「日本人(日本国家)は、沖縄からの問いかけに応えなければならない。」復帰40年を経過しましたが、日本人が今一度心に刻まなければならないと思います。OGAWA

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月23日

本の名前が示すとおり、「報道されない沖縄」に関し、産経新聞社那覇支局長という立場で沖縄が抱える問題を深く抉り出した著作である。

歴史的に中国と日本との間に立った外交戦略、戦中の惨禍、そしてアメリカの支配、また、多くの基地を担わされた立場。

沖縄県となった後の、反米、半日闘争の裏に潜む諸問題。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年06月18日

沖縄関係は要チェキということで購入。

【読書メモ】
・大田實海軍少将は自決前の昭和20年6月6日、海軍次官宛に送った電報でこう報告している。
 「(省略)一木一草焦土と化せん 糧食六月一杯を支うるのみなりと謂う 沖縄県民斯く戦えり 県民に対し後世特別の御高配を賜らんことを」

・「沖縄の反戦平和活...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,496

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!