日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則(きずな出版) 感情に振りまわされない人生を選択する

日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則(きずな出版) 感情に振りまわされない人生を選択する

作者名 :
通常価格 1,400円 (1,273円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

全世界で100万部、日本でも20万部のベストセラーとなった『自分の小さな「箱」から脱出する方法』から8年。

世界の大手企業が採用する「アービンジャー式人間関係の解決策」を、こんどは日本が舞台になった「箱に入った僕=リョウ」と「僕を導く陽気なおじさん=岡山さん」の物語で疑似体験!

「なんであの人は、いつも○○なんだ! ?」
「私はこんなに頑張っているのに…」
「気の効かないヤツばっかりだ! 」

職場で、学校で、家庭で、プライベートで…イライラすることが多すぎて「こんな毎日がイヤだ! 」と思うすべての人に贈る、もう人間関係で悩まないための日常の小さなイライラから解放される「たった一つの秘訣」。

イライラや憤りに振りまわされる精神的に疲れる日々から決別し、心穏やかな日々を手に入れるヒントがココにあります。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
きずな出版
ページ数
224ページ
電子版発売日
2014年05月30日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
5MB

日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則(きずな出版) 感情に振りまわされない人生を選択する のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月25日

    ストーリー形式
    人間関係で悩みが少しでもある人にはぜひ読んでもらいたい
    きっと気づきが得られ、状況を改善できるはず
    自分の考えを変えることは難しいが、状況を変えるには1番最短の道だと思います

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月24日

    イライラしたとき、箱に入ってしまってるなーと思う度に読み返し、箱から出る手段にしてます。
    全ては自分がまねいたこと。それを認識し、どう行動するか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月04日

    会社の人にイライラすることが多くて、わたしは相手を"モノ"として見てたんだなと痛感した。自分を正当化するのに精一杯で、相手の立場になって考えることができていない。「箱」から抜け出してフィルターなしに世界を見たいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月03日


    自分の小さな箱の内容がより身近でわかりやすくなった内容。

    加えて箱に出る方法がより詳しく書かれている。

    過去の自分を見つめて悔い改めることで成長すると言う前書ではない意見も述べられていた。

    箱の中に入っていることは自分の問題。そしてそれにより人をものとして見てきて悪影響を及ぼした人はどれくれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月12日

    こちらは、サラリーマンが会社の上司や部下、奥さんとの関係を改善することをテーマにした本。
    私も、今までの人間関係を反省…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月13日

    自己欺瞞の世界である箱から出るためのステップをストーリー仕立てで説明している本。
    年齢を重ねて虚構の世界に入ってしまい抜け出せなくなる という一文がグッときました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月16日

    再読、そして熟読。
    「周りの人々に抵抗することをやめたとき、箱から出ることができる」
    第1作と合わせて5年かけて、よっやっと実感できるようになってきたかな。
    今までずっと、箱の中でもがいていただけだということに気付かされます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月27日

    1.その人が経験しているだろうと思われる障害、重荷、苦痛をかんがえてみる
    2.自分が加えたと思われる障害、重荷、苦痛を書き出す
    3.大きい小さいにかかわらず、その人を不正に扱ったり、見下してみたことはないか
    4.これらのことを踏まえて、その人に自分かすべきことは何か

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月03日

    この本はほんとにヤバい。過去の、2冊の「箱」の本を読み、セミナーも受けたというのに、相変わらず箱の中から世界を見続ける俺。バカじゃないのか?
    6年前職場をクビになったのも、妻や子どもとうまく行かないのも、大切なバンドをボロボロにしてきたのも、ぜ〜んぶ俺が原因。わかっている。だが、改めて頭をガ〜ンと殴...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月08日

    昔読んだ『自分の小さな箱からの脱出する方法』を思い出し、この本を手に取った。
    どのように人と向きあえば穏やかに過ごせるかを教えてもらえる。

    自己欺瞞を認識する

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています