八男って、それはないでしょう! 17
  • 最新刊

八男って、それはないでしょう! 17

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

教え子の卒業式、そして導師の昔話を経てからすぐ、エリーゼが産気づく。
だが、この世界では男性が出産に立ち会うことはできず、今か今かと部屋の外で終始落ち着かない感じで待つヴェル。やがてついにその時が訪れ、部屋に踏み込むヴェルが目にしたものは……光り輝く我が子であった。
「さすがは、俺の子供。もう輝いているぜ。いや、俺に似ずに素晴らしいカリスマだ」
以降出産ラッシュが続き、我が子の寝顔を見て心が安らぐ反面、お祝い品への御礼状の発送作業や、生まれて早々に婚約の話が出てきたりと、様々な面倒事がヴェルの心を折りにくるのだった。
幸福感と同時に子をもうけた貴族家の大変さを思い知る第十七幕!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
MFブックス
電子版発売日
2019年08月25日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
18MB
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月03日

    巻末おまけ『世界が違っても、同じような料理を考える人がいる』麺料理地区にデカ盛りラーメン店が…。

    ヴェンデリンにエリーゼを皮切りに次々子供が誕生!
    全員魔力有りだったため、王家を始めとする婚約者が決められてしまい…。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~17巻配信中

※予約作品はカートに入りません

11~17件目 / 17件
  • 八男って、それはないでしょう! 11
    ようやく内乱が終わり、買ったウナギの味を楽しむまでに日常を取り戻したヴェル。だが、そんなヴェルに「ブライヒレーダー辺境伯の隠し子」というお土産が用意されていた。彼には面倒事が後を絶たない……。
  • 八男って、それはないでしょう! 12
    トンネルの先の貧乏騎士爵領と共同運営の話を進めるヴェル。だが領主側は手に負えないと権利を放棄してくる。面倒ではあるがヴェルたちが管理すると決まった直後、領主の娘カチヤの登場でより一層面倒なことに……。
  • 八男って、それはないでしょう! 13
    トンネル騒動が落ち着き、ヴェルと妻となったカチヤとの結婚式がオイレンベルク領で挙げられた。ところが、結婚式はマロイモや特産品を使った料理が並び、物産展の様相を呈していた。 一方、新婚旅行に至っては、魔の森で狩りをしているだけにしか映らないものの、つつながく行事として消化されていった。 だが、予期せぬ地雷が眠っていた。 不運が重なって連絡が届かず、式の存在すら知らなかったカチヤの...
  • 八男って、それはないでしょう! 14
    癖のある魔法使いリサが身内となり、賑やかさを増すバウマイスター伯爵家。 そんなすったもんだの日々を挟み、エルとハルカの結婚式がいよいよ明日へと迫っていた。 だが、和風な式場と和やかな雰囲気の中にあって、ただ一人殺気を帯びる者がいた。ハルカの兄、タケオミである。 限られた時間の中、彼は彼なりに思案を巡らせ、なんとか結婚を阻止できないかと足掻くのだが……。 一方、ヴェルは王都にある冒...
  • 八男って、それはないでしょう! 15
    冒険者予備校の臨時講師を引き受けたヴェルの講師生活はなおも続いている。 バウルブルクに新設された冒険者予備校も軌道に乗り始め、ヴェル発案による講義での挨拶や帰りの掃除などといった独自ルールが導入されていく。 さらには、学習の成果を発表するといった場を設けない、純然たる祭り要素強めの学園祭を催すに至るのだった。 そんなある日、ヴェルは特別講師として招いたアーネストへの報酬として、...
  • 八男って、それはないでしょう! 16
    そろそろお腹が目立ってきたエリーゼと、無事教え子を巣立たせたヴェルのもとに、ニーナと導師が様子を見に訪ねてくる。そして生まれてくるであろう子の話に花を咲かせるなか、いつしか話題は導師の昔話に――。 それは、アームストロング伯爵家のために尽力する人生しか待ち受けていないのであれば、猶予ある限り『全力で外の世界を楽しむのである!』と母の墓標に誓いを立て、冒険者予備校の門を叩いた若き...
  • 八男って、それはないでしょう! 17
    教え子の卒業式、そして導師の昔話を経てからすぐ、エリーゼが産気づく。 だが、この世界では男性が出産に立ち会うことはできず、今か今かと部屋の外で終始落ち着かない感じで待つヴェル。やがてついにその時が訪れ、部屋に踏み込むヴェルが目にしたものは……光り輝く我が子であった。 「さすがは、俺の子供。もう輝いているぜ。いや、俺に似ずに素晴らしいカリスマだ」 以降出産ラッシュが続き、我が子の寝...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「八男って、それはないでしょう!」に関連する特集・キャンペーン