転換期の日本へ 「パックス・アメリカーナ」か「パックス・アジア」か

転換期の日本へ 「パックス・アメリカーナ」か「パックス・アジア」か

作者名 :
通常価格 720円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

世界的大家が見る、日本の過去・現在・未来
領土紛争、沖縄と基地、憲法改正、集団的自衛権、核・原発、歴史認識問題など、未解決の課題が山積する中、東アジア情勢は一層その緊迫度を増している。日本の選択はどこにあるのか。これまでと同様に米国への「従属」を続けるのか、アジア中心の新たな安全保障体制を構築するのか、それとも……。戦後日本の歩みに限りない共感を示す、二人の歴史家からの日本へのメッセージ。
■目次
第一章 サンフランシスコ体制――その過去、現在、未来 ジョン・W・ダワー
第二章 属国――問題は「辺境」にあり ガバン・マコーマック
第三章 [対談]東アジアの現在を歴史から考える

ジャンル
出版社
NHK出版
掲載誌・レーベル
NHK出版新書
ページ数
320ページ
電子版発売日
2014年05月08日
コンテンツ形式
XMDF

関連タグ:

「転換期の日本へ 「パックス・ア...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年01月19日

知らなかった。
現在の日本の外交上のいろいろな問題が、60年以上前のサンフランシスコ講和条約に起因しているということを。サンフランシスコ講和条約は、部分講和であって、全面講和ではなかったということを。
そして、それ以来長く日本の政権の座にあった政党が、アメリカから多大な援助を受けていたということを。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月03日

再軍備に対する制限を取り除くために改憲を支持する人々は、改憲すれば日本は国連が後押しする平和維持活動に参加する「当たり前の国」になることができ、自国を防衛する自立的な能力を高めることができる、と論じる。だが実際のところ、日本は再軍備すればするほど、アメリカの戦闘活動に実質的な貢献をしなければなくなる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月01日

『敗北を抱きしめて』のジョン・ダウアーと東アジア近現代史専門のガバン・マコーマックが、転換期を迎えた東アジアの中での日本の状況について分析したもの。マコーマックは、その著作履歴を少し調べると、米国に批判的な人のようである。構成は、第一章でダウアーが、続いて第二章でマコーマックがサンフランシスコ講和条...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月28日

サンフランシスコ講和の罪を理解する手助けになります。日米同盟に潜む残酷さが伝わってきます。沖縄の人々の苦しみを日本人はもっと理解する必要があります。いつまでアメリカの属国であり続けるのか、中国や韓国との友好関係を築く道はないのかと考えさせられます。日本、中国、韓国の人々はそれぞれが他国の政府や党の考...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月24日

パックスアメリカーナからパックスアジアへ
その遷移を担うのは中国・日本・アメリカ
だが、日本はアメリカの属国であり独立していない
独立していないがうえの間違った歴史認識や
辺境・沖縄への差別がある。との論調
パックスアジアを目指すためには、間違った歴史認識
をただし、米国からの属国を解消し、沖縄をそ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,943

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!