しつこさの精神病理 江戸の仇をアラスカで討つ人

しつこさの精神病理 江戸の仇をアラスカで討つ人

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

壮絶な憎悪や執着を支えに生きる人々がいる。彼らとのコミュニケーションには大きな摩擦や混乱をきたしやすい。彼らの精神構造を分解してみると……。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川oneテーマ21
電子版発売日
2014年04月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

しつこさの精神病理 江戸の仇をアラスカで討つ人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月05日

    文章が上手く読みやすい。様々な文学作品が症例で出てくるのでとても分かり安い。
    「苦笑」が大事。確かに不思議な感情だ「苦笑」は。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月11日

    副題に"江戸の仇をアラスカでうつ人"とあります。仇討ちに代表されるような恨みつらみを晴らす行為はしつこさという、ともすれば病気の範疇に入りかねない危うさをはらんでいます。
    春日先生は臨床で見られる光景や報道された事件を引き合いに出しながら、登場する人物像を解説します。
    また豊富な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月10日

    しつこい人と出会ってしまったら、自分自身の人を恨む気持ちに折り合いがつかなくなってしまったら――――。

    春日武彦先生が提示するのは「苦笑」というソリューションである。

    「自分が恨みを深く抱いたり復讐を誓いたくなるような状況に陥った際、わたしは何人かの人びとのことを思い浮かべてみるのである。その人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月24日

    最終章の苦笑の効用が拾い物。ついつい人を恨んだり、憎んだり、問題点を周囲のせいにしてしまう。するとそのうちに自分が不幸になっていくことは経験上感じる。人を呪わば穴二つということです。

    そうした気持ちに陥りそうになったとき、”釈然としない気持ちと引換に自分の脆さや厄介さを「苦笑を交えつつ」眺めるため...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月09日

    「しつこい人」はどうして「しつこく」なるのか。その原因みたいなものを知りたくて、この本を手に取ったのだが、答えは全く得られず。残念!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月25日

    私を激しく勇気づける一文があった。読んでよかった。
    その一文とは↓↓↓

    人間は平等であるとされるが、下卑た人間、魂の汚れた人間は確実に存在している。

    この文章の何が私を勇気づけるのか。それは秘密。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年06月21日

    「しつこさ」に目がいって通読。
    著者の読みやすい文章にのっていってスラスラ読めた。
    テーマは「恨み」。
    いやいや、別に誰も恨んではございません。
    ただ、「恨み」という感情は誰にだってある。
    僕にもある。
    この「恨み」との付き合い方が知りたくてね。

    主に文学作品『恩讐の彼方に』などのテキストや実際に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年04月05日

    精神科医である著者が人間のうらみや復讐心理について、自身の体験、小説、ワイドショーなどから例を引き解説している。
    客観的に見ればうらみ心とか復讐心は、身勝手な自惚れ・自分は間違っていないモード・自己愛などの価値観から発せられるもので、自分自身を観察しそれを「苦笑」してしまうことが解決の一歩だとしてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています