角丸真理子は父の反対を押し切って、屋敷芳樹と結婚した。小野和人という恋人をふっての決断だった。しかし、新婚生活のスタートとともに地獄ははじまった。言葉の暴力――それも叱責や罵倒ではなく、やさしい皮肉。真理子の神経を柔らかく包み込むように、夫の言葉が鼓膜から脳髄へと侵入していく。精神の限界に到達した真理子は、ついに決断した。「やさしく殺して……」。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年03月20日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

やさしく殺して

Posted by ブクログ 2006年12月29日

内容(「BOOK」データベースより)
角丸真理子は父の反対を押し切って、屋敷芳樹と結婚した。小野和人という恋人をふっての決断だった。しかし、新婚生活のスタートとともに地獄ははじまった。言葉の暴力―それも叱責や罵倒ではなく、やさしい皮肉。真理子の神経を柔らかく包み込むように、夫の言葉が鼓膜から脳髄へと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

やさしく殺して

Posted by ブクログ 2018年10月14日

父の反対を押し切りかつての恋人を振り、会社で二期上の二十九歳の芳樹と結婚した二十七歳の真理子の新婚生活は、芳樹による優しい皮肉という暴力に支配されていた。怒ることを回避する芳樹は勿論、思い込みが激しく未練に縋る利己的な真理子もずぶずぶと沈み行くようで、殊更な短所達が究極的なのに自然体で引き込まれた。

このレビューは参考になりましたか?

やさしく殺して

Posted by ブクログ 2007年08月02日

「子供が出来ようが何しようが早く離婚すればいいじゃないか。」「離婚してどうして、元彼に戻るのだ」など、突っ込みたいところは満載だった。終わり方もなんだか。ハッキリして欲しかったなぁ。

このレビューは参考になりましたか?