尾木ママの「叱らない」子育て論

尾木ママの「叱らない」子育て論

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

『ホンマでっか!?TV』で大ブレイクしたオネエ教育評論家“尾木ママ”が教える、目からウロコの子育て術&勉強法が満載の一冊。尾木ママいわく、子育てのポイントは「叱る」代わりに「ほめる」こと。「大人だってほめてもらうとうれしいもの。ましてや成長盛りの子どもなら、叱られるより、認められるほうがうれしいのに決まってます」とキッパリ。一日一善ならぬ、一日一ほめ! さあ、叱らない子育ての旅へ、いざ出発進行です! イラスト・松橋元気、主婦と生活社刊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 出産・子育て
出版社
主婦と生活社
ページ数
176ページ
電子版発売日
2014年03月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

尾木ママの「叱らない」子育て論 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年04月23日

    読みやすいうえに、しっかりした研究に基づいている尾木ママ子育て論。

    学力アップの秘訣から、健全な心を育てる家族関係。

    子どもに本当の学力をつけさせたいなら、結果よりも過程。
    いまの学力の在り方は間違っている!


    「一冊を何度も繰り返し」は職場でも実践しています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月31日

    とても参考になりました。ゴミ出し、風呂掃除など。子どもに手伝いさせています。叱り方というか、やる気にさせる言葉。が一番。尾木ママのお母さんのエピソードが印象的でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月16日

    とっても優しい文章でホンワカします。それでいて、胸に刺さる言葉ばかり。あっという間に読める分量でありながら、本当に為になる本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月03日

    子供が産まれたので、これからどうやって子育てしていくか参考にやればと思って購入。教育!って肩の力を入れなくてもいいんだと、心が少し楽になりました。子供のいい所を伸ばしていける、そんな尾木ママのような人になりたいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月09日

    自身のイクメン生活や教師生活を通して実践した子供の育て方です。なるほどなぁと思わされますが、疑問に思う点もチラホラ。
    子育ては、ホント十人十色ですもんね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月13日

    表紙が奇抜で、文章もオネエ口調の上にハートが多用されていて、ほんとにこれ教育評論家が書いた本??と突っ込みたくなる一冊です。
    けれど、これらのおかげで肩の力が抜けるというか、気負わずに読めて楽しめました。

    「夏休みの読書感想文は下手でOK」は、私が子供の頃に知っておきたかったです。
    確かに、感想文...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月15日

    読みやすく内容も良いが、ボリュームは少ない。
    本書の良さは、尾木ママの人の良さが文脈からも伝わり、
    それだけで、力を抜いた子育てをしたくなるってこと。
    子育てに前向きになれる癒しの本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月15日

    子育ての壁にぶち当たっている今、尾木さんの叱らない子育て論が目につき、一気読みした。
    色々なことが分かりやすく書かれてあり、とても参考になりました。
    自己肯定感をもっと高くして、怒りたくなっても一呼吸おいて、子供たちを褒め称えるような母親になれたらいいな…と思った。
    そして現状打破出来たらいいな…と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月13日

    怒鳴りたくなったら深呼吸して無理やりにでもほめる!魔法の言葉「どうしたの?」で子供とコミニュケーションする!

    考えただけではなかなか実践できないものだけど、知識を広げたり学んだりしながら子育てする姿があれば、敏感な子供達には必ず親の思いが伝わるはず。また明日から娘とたくさん話をして(叱らずに)過ご...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月11日

    読むと、分かってはいるんだけど、、、って思うような内容だけど、
    改めてどのように子供と接すればいいのかを学んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています