30代以降の女性に向けて、医学的な立場から “目からウロコ”のダイエット法を提唱するのが本書。20代までの女性の肥満の原因は「食べすぎ」「カロリーオーバー」にあり、その対処法としてはハードな「減食」「運動」による「即効・激やせダイエット」でも効果があった。しかし、30代からは「筋力の低下(体型が崩れはじめる)」「若返りホルモンの分泌低下(生活習慣病を引き起こす内臓脂肪を溜めやすくなる)」「基礎代謝力の低下(中年太りが始まる)」といった体の変調(老化)が肥満の原因となり、20代と同じようなハードなダイエットでは心と体が耐えられなくなる。
 そこで本書では、生活のちょっとした改善・工夫を楽しみながら「若い体&健康づくり」をすすめるアンチエイジング医療の視点から、誰でも簡単にできる「やせる仕組み」の作り方を説く。ポイントは以下のとおり。
・がまんしない食事
・運動はがんばらなくていい
・新陳代謝力、免疫力も上がり、きれいで病気をしない人になる
・1ヵ月2kg減を目標としたプログラムなので、ラクラク100%成功
・内臓脂肪落としに有効

[目次]
1.誰もがもっている「やせる仕組み」を使い切る
2.朝の習慣――「やせる仕組み」にスイッチを入れる
3.昼の習慣――食べる時間、食材の組み合わせ、食べ方を見直す
4.夜の習慣――寝ていても「やせる仕組み」をきちんと働かせる
5.二度と太らないためにやるべきこと

ジャンル
出版社
マガジンハウス
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。